(アドバンスド)宝玉獣(ほうぎょくじゅう)

 ANIMATION CHRONICLE 2022カテゴリ化された「A宝玉獣」と名のついたカード群。
 カテゴリ名から宝玉獣にも含まれ、属するモンスターは以下の共通テキストを持つ。

(1):フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
(X):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
  • 同名カードとして扱う効果が無くなったため、究極宝玉神関連の7種類を数える際に、元の宝玉獣とA宝玉獣を別カードとしてカウントすることができるようになった点は強化されている。
    一方で、固有効果はA宝玉獣ではない宝玉獣に対応しなくなってしまっている。
    もっとも、上記のアニメでの「宝玉獣が戒められた存在」という設定を鑑みれば、元の宝玉獣をサポートしないという点はむしろ原作通りともいえる。
  • 元の宝玉獣同様、召喚される際には元となった宝玉が現れ、それが砕けて各モンスターが現れるという演出が行われる。
    ただし元の宝玉獣の演出が「宝玉が輝きながら砕け、光の中から宝玉獣が現れる」というものだったのに対し、こちらは「宝玉の中で闇が広がり、宝玉が砕けた後にその闇の中からA宝玉獣が現れる」という対照的なものとなっている。

関連リンク

―「A宝玉獣」と名のついたモンスター
 ※は「A宝玉獣」に関する効果を持つモンスター

―その他のリンク

広告