サクリファイス・エスケープ

 「サクリファイス/Sacrifice(生け贄に捧げる)」と「エスケープ/Escape(回避する)」を連ねた語。(非公式用語)
 原作でも使われた用語ではあるが、ルールの都合上、OCGとは厳密には異なるテクニックとなっている。
 相手モンスター除去チェーンして除去対象モンスターリリースすることで、モンスター除去を回避するテクニックを指す。
 その性質上チェーン2以降で発動する必要があるため、基本的にフリーチェーンカードによって行うことになる。

 具体例としては、自分モンスター除去対象となった時に、《ゴッドバードアタック》チェーンして対象となったモンスターリリースする、などが挙げられる。
 通常であれば《ゴッドバードアタック》コストを要するため、2:2交換となる。
 しかし、除去されるモンスターコストにした場合、もとよりそのモンスターは失われるため、実質的に《ゴッドバードアタック》1枚の消費となる。
 一方で、相手《ゴッドバードアタック》破壊される2枚に加え、対象不在で無駄撃ちとなった形で除去カードも失っている。
 これにより事実上の1:3交換、相手除去コストによってはそれ以上のアドバンテージを疑似的に稼ぐことが可能となる。
 カード・アドバンテージを重視するこのゲームにおける重要なテクニックである。

  • マスタールール以降は「生け贄に捧げる」から「リリースする」に名称が変更されたことから、「リリース・エスケープ」と呼ばれることもある。
    ただし、非公式用語であるためどちらが正しいということはなく、引き続きサクリファイス・エスケープと呼ばれることが多い。
  • アニメGX以降のアニメではバトルステップの巻き戻しありのルールが採用されているため、攻撃に関してはサクリファイス・エスケープがまず発生しない。
    (一応、原理的にはダメージステップ中に何らかの効果を使用することで可能となる)
    そのためか、「バトルフェイズを終了する」「戦闘ダメージを減らす」系の効果を持つカードはいくつか登場している。
    対象をとる効果に関しては、「十代vsエド」(2戦目)、「十代vsオブライエン」戦等において十代が《融合解除》による回避を実践している。

関連リンク

広告