スネークアイ/Snake-Eye

 AGE OF OVERLORDカテゴリ化された「スネークアイ」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て炎属性で統一されており、その内下級モンスター炎族レベル1で統一されている。

  • モチーフはリトアニアの民話「蛇の女王エグレ」だろうか。
    人間の女性エグレが蛇の王(ジルヴィナス)と口約束で婚約してしまい、エグレの親族たちが蛇との結婚を何とか阻止しようとするも敢え無く、最終的に蛇の女王として迎えられる。
    エグレは人間の美青年の姿となったジルヴィナスと海底の王宮で暮らし、子供4人(息子3人と娘1人)を儲けたが、息子から祖父母である両親に会いたいという懇願もあって、ジルヴィナスからの試練を解くことで里帰りすることを叶える。
    消息不明となっていたエグレに会えた親族たちはそのまま帰らせることを望まず、孫娘を脅してジルヴィナスを呼び出し殺してしまう。
    ジルヴィナスの死を知り嘆き悲しんだエグレは魔法によって、娘をヤマナラシの木に、息子たちをそれぞれトネリコオークシラカバの木に変え、自身もトウヒの木に変化してしまう。
  • 主にアメリカでは2個のサイコロで1のゾロ目が出ることを、「Snake eyes(スネーク・アイズ)」と呼ぶ。
    これは、2つのサイコロを使用するゲームの多く(特に「クラップス」など)で1ゾロが悪い結果である事から、2つの1の目を嫌われ者である蛇の目に見立てたものである。
    多くのモンスターレベル1に関連している点や、《睨み統べるスネークアイズ》が合計レベル2以上を発動条件とする点からモチーフの一つと考えられる。

関連リンク

―「スネークアイ」と名のついたモンスター
 ※は「スネークアイ」に関する効果を持つモンスター

―「スネークアイ」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「スネークアイ」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告