デッキ/Deck

 「デッキ」とは、自分デュエルで使用するカードの束の事です。
 40枚以上60枚以下の枚数で準備します。

デッキの作り方

 デッキは以下のルールを守れば、自分の好みのカードを使って自由にデッキを作る事が可能です。

 <デッキを作る際のコツ>



  • プレイ中に自分相手の残りデッキ枚数を確認する事は可能だが、その際はデッキを置いたまま上から滑らせて確認する。
  • メインデッキカード枚数はできるだけ40枚程度にしておく」というのは、遊戯王OCGのセオリーの1つである。
    確率の面からみるとこれは理に適っており、考え無しにデッキ枚数を増やすと勝率は落ちる。
    これはデッキとして狙う特定の動きが行えるカードを、使用できない可能性が高くなるためである。
    アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンTurn27を見ると解りやすい。
  • デッキ枚数を減らす場合、単純にデッキ内のカードの枚数・種類が減るため「特定の状況に弱くなる(対抗できるカードをデッキに入れる余地がなくなる)」「デッキ破壊に弱くなる」といったデメリットも僅かながら存在する。
  • 原作・アニメにおいて―
    初めてデッキという言葉が使われたのは「DEATH-T編」の「遊戯vs海馬」戦。
    それ以前は「山」「山札」「手札」と呼んでいた。
    また、「手札」の呼称は「決闘者の王国編」でもたびたび使用されている。
  • 多くのキャラクターは1種類のデッキをその都度構築し直しているが、アニメGXの万丈目や三沢のように複数の種類のデッキを持つ者もいる。
    特に三沢は、(神属性を除く)6属性それぞれのデッキと十代対策用のデッキの計7種類を所持していることを公言しており、うち3種を作中で使用している。
    アニメ5D'sに登場する多くのデュエリストは、ライディング用とスタンディング用の合計2つを所有している。
  • 特定のカードには世界の創造に関わる、封印装置の鍵と言った設定があるようなものも多いが、デッキにもそういった設定がある事も多い。
    アニメGXのサイバー・ダークはサイバー流道場に封印されているという設定があり、アニメ5D'sの時械神は選ばれた聖者のみが扱えるデッキらしい。
    また、アニメ5D'sのセキュリティは支給されたデッキを使用しているが、その中でも格上の特殊追跡部隊には《ゴヨウ・ガーディアン》《ゲート・ブロッカー》等が含まれたより強力なデッキが支給されている。
  • 大幅なデッキ破壊が行なわれる回では登場人物のデッキ枚数を確認できるが、多くの場合は40枚丁度であることがわかる。
    アニメ5D'sでは、「アポリアvsZ-ONE」戦で遊星が使われたカードの枚数から残りのデッキ枚数を計算していたが、最初からアポリアのデッキが計40枚であることを前提にしており、デッキ枚数=40枚ということが相当メジャーなようだ。
    また、バトルシティなどの作中の大会ではデッキ枚数が40枚とルールで決められていることもある。
    ただし、デュエル前にカードを追加したりデュエル中にカードが増える事で、41枚以上になる事もある。
  • 劇場版『光のピラミッド』の「闇遊戯vs海馬⇒アヌビス」戦では、特にそれらしい理由もなく闇遊戯のデッキ枚数が41枚であった。
    40枚であった場合、海馬のデッキ破壊により闇遊戯は敗れていたのでその辻褄合わせだろう。
  • アニメDMのダーツは30枚以上のカードを使用した後にも多くのカードがデッキに残っていた。
    彼の切り札の《蛇神ゲー》デッキトップから10枚のカード墓地へ送らなければ攻撃できないので、設定上デッキ枚数を多くしていた可能性が高い。
    (因みに放送当時のOCGルールではデッキ枚数の上限は無かったのでルール上は問題ない。)
  • デッキの枚数が重要になるケースは稀であるため、基本的に画面表示はされず、デッキ切れ寸前になった際にのみ「あと○枚」と口頭で確認されることが殆どである。
    例外的に、アニメGXの「十代vsエックス」戦では、途中からライフポイントと同じデザインのウィンドウでデッキ枚数の表示が行われていた。
  • アニメARC-Vでは遊矢の中のユートの感情が強く表れるとデッキが入れ替わる現象が起きている。
    ただ、デッキの中には遊矢のカードも確認できるため、作中での「入れ替わる」という表現よりはデッキが混ざるといった方が正しい。
  • 漫画ARC-Vの「零児vsアイザック」戦では、零児の罠カード《ゼロ・グラヴィテーション》の効果によって「お互いのデッキを一つとして扱う」状況が発生している。
    零児は混合デッキとなった中からアイザックのモンスターリクルートする効果を活用し、逆転へとつなげた。
  • アニメ5D'sでは、収容所送りにされるとデッキを没収されてしまう。
    一方、ARC-Vのシンクロ次元における収容所では、収監される際でもデッキは没収されない。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では、童実野町ではデッキを所持していなければ住民登録ができないという衝撃的な事実が藍神によって語られている。
    この件に関し、このような規則を作った海馬を藍神は「狂った独裁者」と評している。
  • アニメVRAINS第6話では、遊作が自分がPlaymakerであることを隠す為にダミーのデッキを持ち歩いており、デュエル部の人間に公開している。
    デッキの内容を見た島からは、「お粗末なデッキ」と嘲笑されている。
    なお、デュエル部の部長は「デッキはデュエリストの魂」と発言しており、遊作のデッキを馬鹿にした島を叱咤している。
    またアニメVRAINS第25話のSNSの画面では、「指名ゴーファハンデス」や「活路ベンケイビート」などデッキの通名らしきハンドルネームが多数確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    デッキ上限枚数のない新エキスパートルール準拠のゲームでも最大枚数の制限がされている。
    プレイヤーデータ容量の制限のためであろう。
    作品によって数は異なるが、晩期は「40枚以上80枚以下」の場合が多かった。
    古い作品では「40枚」固定のものもあった。
    ゲーム作品では支給デッキやストラクチャーデッキといった、特定のデッキで戦う必要があるイベントがある。

関連カード

 ※デッキの一番上デッキの一番下)に戻す効果は当該ページを参照。
 ※エクストラデッキ戻る(戻す)効果は当該ページを参照。
 ※エンドフェイズ等の特定のタイミングや、自身がフィールド離れる等でチェーンブロックを作らずデッキ戻る(戻す)処理を付与されるカード自壊を参照。

フィールドのカードコストでデッキに戻すカード

モンスター

フィールドのカード効果でデッキに戻すカード

モンスター

魔法・罠カード

フィールドのカード

手札カードコストでデッキに戻すカード

手札カード効果でデッキに戻すカード

墓地カードコストでデッキに戻すカード

墓地カード効果でデッキに戻すカード

除外されているカードコストでデッキに戻すカード

除外されているカード効果でデッキに戻すカード

エクストラデッキカードをデッキに戻すカード

複数カ所のカードコストでデッキに戻すカード

手札フィールドから

手札墓地から

墓地除外から

複数カ所のカード効果でデッキに戻すカード

手札フィールドから

手札フィールドから

手札墓地から

フィールド墓地から

フィールド墓地から

フィールド除外から

墓地除外から

墓地除外から

墓地エクストラデッキから

手札フィールド墓地から

フィールド墓地除外から

手札フィールド墓地除外から

手札フィールド墓地エクストラデッキから

手札フィールド墓地ペンデュラムゾーンから

無効にしたカードをデッキに戻すカード

効果外テキストカードをデッキに戻すカード

 ※特殊召喚モンスターによる召喚条件は除く。

カードデッキ戻す事によりチェーンブロックを作らない特殊召喚を行うモンスター

特殊召喚モンスター

カードデッキ戻る事をトリガーにするカード

その他の「デッキに戻る」の関連カード

関連リンク

広告