ヴァリアンツ

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズカテゴリ化される「ヴァリアンツ」と名のついたカード群。
 属するモンスター水属性魔法使い族または炎属性機械族に属し、全てペンデュラムモンスターで統一され、攻撃力守備力の数値が同じとなっている。
 また、メインデッキモンスターペンデュラムスケールが1で統一されており、自身がモンスターゾーンから別のモンスターゾーンに移動した場合に発動可能な(2)のモンスター効果を共通して持つ。

  • メインデッキ下級モンスターは以下の共通テキストを持つ。
    このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
    (1):自分メインフェイズに発動できる。
    このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
    この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヴァリアンツ」モンスターしか特殊召喚できない(EXデッキからの特殊召喚は除く)。
    【モンスター効果】
    このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):このカードが特殊召喚されている場合、(〜を対象として/自分メインフェイズに)発動できる。
    (固有効果)
  • エクストラデッキモンスターペンデュラムスケールが10で統一されており、以下の共通のペンデュラム効果を持つ。
    このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
    (1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
    ●このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
    ●自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体を選び、
    その位置をその隣のモンスターゾーンに移動する。
  • フィールド魔法は以下の共通テキストを持つ。
    このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 
    (1):このカードの発動時の効果処理として、
    デッキから(同名カード)以外の「ヴァリアンツ」フィールド魔法カード1枚を相手のフィールドゾーンに表側表示で置く。
    (2):フィールドゾーンにカードが2枚ある場合、(固有効果)
    • カード名は《VV−○○○○》と書いて「ヴァリアンツ=ワールド」と言うルビが振られているが、ワールドの頭文字はもちろんWであってVではない。
      (1)の効果により(ヴァリアンツ)が2枚揃うことから「VV」を「W」一文字に見立てているのだろうか。
      「W」はラテン語には存在しなかったアルファベットであり、Vの合字であるという歴史を意識している可能性もある。
  • カテゴリ名はボードゲーム用語の「バリアント(ヴァリアント)ルール」と「勇気・勇敢」を意味する「Valiant」を掛けたものか。
    バリアントルールとは、選択的ルールを意味し、そのゲームに慣れた上級者などが取り入れるための追加要素や変更要素などである。

関連リンク

―「ヴァリアンツ」と名のついたモンスター
 ※は「ヴァリアンツ」に関する効果を持つモンスター

―「ヴァリアンツ」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「ヴァリアンツ」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「ヴァリアンツ」を素材に指定するモンスター

―その他のリンク

広告