妖怪少女(ようかいしょうじょ)/Yo-kai Girl

 レベル3・攻撃力0・守備力1800の共通ステータス手札誘発効果を持つチューナーモンスター群。
 サイキック族《幽鬼うさぎ》以外は全てアンデット族で統一されている。

  • その性能とイラスト人気、更に高レアリティも相まって、発売直後の流通価格が基本的に高くなりがちである。
    人気の高さ故に再録回数も多いのでいずれは値段も落ち着く傾向にあるが、その再録も高レアリティで行われる事が多い。
  • カード名イラストには四季や花に関わる要素が見られ、下記の書籍でも「季節に現る儚き妖女」という説明が見られる。
  • 「その年度の最後に発売される通常パックにスーパーレア及びシークレットレアで収録される」「カード名が漢字2文字とひらがな3文字の組み合わせで構成される」という共通点も持つ。
  • 「妖怪少女」というシリーズ名は2019年発売の「MONSTER ART BOX」において公式が命名した名前である(英語名も書籍で明かされたものである)。
    その後のジャンプフェスタ2020や週刊少年ジャンプにおけるRARITY COLLECTION−PREMIUM GOLD EDITION−の宣伝の際にもこの名称で紹介されている。
    • 上記書籍において《屋敷わらし》のみ「季節に現る儚き妖女」という説明と合わない為か紹介されていない。
      (なお《朔夜しぐれ》はこの書籍発売時点で登場していない。)
      ジャンプフェスタ2020や週刊少年ジャンプにおける紹介時には他のカードと同様に「妖怪少女の1体」として宣伝されている。
  • 上記名称が判明する前に発売されたゲーム「レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション」では「お化けチューナーモンスター」という名称で括られていた。

関連リンク

広告