Secret

 カードのレアリティにおいて「シークレットレアカード」を指す。
 カード名は特殊な箔押し加工(ダイヤモンドカット箔)で、絵柄部分は格子状のホイル加工となっている。
 略号は「SE」。
 初登場はOCG第1期のVol.3

 通常パックでは、第4期から第9期のネクスト・チャレンジャーズまでは収録されない状況が続いていたが、ザ・シークレット・オブ・エボリューションからSuperUltraのレアリティ違いとしてこの仕様が復活している。
 封入率はザ・シークレット・オブ・エボリューションでは4箱に1枚、FLAMES OF DESTRUCTIONまではUltimateと同じく1箱に1枚、CYBERNETIC HORIZON以降は4箱に3枚の割合。
 しかし、該当するカードETERNITY CODEまでは16種、RISE OF THE DUELIST以降は18種もあるため、狙ったシークレットレアカードを入手できる確率はかなり低い。
 DUEL TERMINALでは、第3弾からウルトラレアレアリティ違いとして登場している。
 封入率は第14弾までは「1BOX(200枚)に1枚」、クロニクルIからは「1BOXに2枚」と極めて低く、プレイ料金の高さも相まってシングル価格は高騰しがちであった。
 また、「ブースターSP」シリーズでも収録されているが、こちらはSuperUltraレアリティ違いではなく、シークレットレア専用のカードが設定されている。
 そのほか、PREMIUM PACKV JUMP EDITION等の限定パックのカードもこの仕様となることが多かった。

 PRIMAL ORIGINからネクスト・チャレンジャーズまでの通常パックとコレクターズパック−伝説の決闘者編−アジア版には、アルティメットレアコレクターズレアの代わりにこの仕様が封入されている。
 ただし、PRIMAL ORIGIN以降のアジア版のこのレアリティの仕様は日本国内版と異なっている。
 カード名の箔押しには、ダイヤモンドカット箔とは少々異なるものが使用されていて、格子状のホイルの向きが日本語版のものを約90°回転させたものとなっている。
 (第9期以降の日本語版のホイルの格子を構成する粒は縦に繋がっているものが多く、アジア版のものは横に繋がっているものが多い。)
 上記のとおりザ・シークレット・オブ・エボリューション以降の日本国内版の通常パックでもこのレアリティが再登場したが、カードナンバーは同一の為、このレアリティカードが日本国内版なのかアジア版なのかを見分けるにはカード名の箔押しとホイルの仕様の違いに注目するとよい。

  • 中には格子状のホイル加工が非常に濃くカード全体に施されているエラーカードも存在している。
    これらは俗に「プラチナレア」と呼ばれコレクターの間で高く取引されているが、偽物も出回っているため購入の際には注意したい。
  • 海外版において―
    絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となり、カード名もダイヤモンドカット箔ではない。
    国内版と海外版で明確に仕様が異なる唯一のレアリティである。
    ただし韓国版ではPREMIUM PACK Vol.6以降、絵柄の部分が国内版と同じ仕様のものに変更されている。
  • USA版とヨーロッパ版ではホイルの斜線の太さが異なる。
  • ホイルの斜線の太さはヨーロッパ版の方に近い。
  • 海外版でも一部のカードには国内版と同じ仕様のものが存在している。
    一部のゲーム特典カードWorld Superstars2019 Gold Sarcophagus Tinで採用されている。
    World Superstars以前のものはユーザーの間で「Prismatic Secret Rare (プリズム状シークレットレア)」と呼ばれていた。
    その後、2019 Gold Sarcophagus Tinで正式に「Prismatic Secret Rare」という名称となり、公式データベースでも「Prismatic Secret Rare」と記載され、略号はPSEとなっている。
    しかし、World Superstars以前のものは公式データベース上で「Secret Rare」表記のままである。
    • Rising Rampageで登場した新しいレアリティも「Prismatic Secret Rare」という名称であるが、上記のものとは仕様が異なる。
      詳細は後述の「プリズマティックシークレットレア」を参照。
      上記のものとは仕様が異なるのだが、こちらの「Prismatic Secret Rare」も公式データベースでは同じく「Prismatic Secret Rare」と表示されており略号も同じくPSEなので、OCGのシークレットレアと同じ仕様を指すのかRising Rampageで登場した仕様を指すのか混同しないように注意。
      詳細は後述するが、現在、ユーザー間ではRising Rampageで登場した仕様は「Starlight Rare」と呼ぶことが多い。

ゴールドシークレットレア

 GOLD SERIES 2013から新たに登場した仕様。
 加工の仕方はシークレットレアと同じだが、カード名ゴールドレアと同仕様の金色に近いダイヤモンドカット箔で、ホイルの仕様はゴールドレアと同じなので、光り方が七色でなく、やや暗めなのが特徴。
 また、枠とレベルの部分にも格子状のホイルが見えるので、どちらかというと光り方はパラレル仕様に近い。
 GOLD PACK 2016ゴールドレアのホイル加工が施される箇所等が変更になったことに伴い、こちらにも同様の変更が加えられている。(仕様変更の詳細はGoldを参照のこと)
 公式データベースでの略号はGS。

  • GOLD SERIES 20132014ともに1箱に1枚前後の確率で封入されている。
    GOLD PACK 2016では、1パックに1枚必ず封入されるようになった。
  • 海外版にも存在し、仕様の差についてはOCGTCGでのシークレットレアの仕様の違いをそのまま適用した形となる。

エクストラシークレットレア

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−から新たに登場した仕様。
 カードの縁とイラスト枠が銀色になり、ホイルの仕様が海外版のような七色の斜線状になっており、シンクロモンスターペンデュラムモンスター以外はテキスト欄を除く全面にホイル加工が施されている。
 シンクロモンスターカード枠とテキスト欄を除いた全ての部分にホイル加工が施されている。
 ペンデュラムモンスターイラスト枠と繋がったテキスト枠も銀色になっており、テキスト欄2つとペンデュラムスケール欄を除く全面と青と赤のペンデュラムスケールのマークにホイル加工が施されている。
 公式データベースでの略号はEXSE。

20th(トゥエンティース)シークレットレア

 CYBERNETIC HORIZONから新たに登場した仕様。
 エクストラシークレットレアと類似した加工に加え(ホイルは格子状)、カード名が赤色のダイヤモンドカット箔であり、テキスト欄中央にはOCG20周年のロゴが薄く見られる。
 公式データベースでの略号は20th SE。

10000(テンサウザンド)シークレットレア

 IGNITION ASSAULTから新たに登場した仕様。
 エクストラシークレットレアと類似した加工に加え(ホイルは格子状)、カード名が赤色のダイヤモンドカット箔であり、テキスト欄には「10000」のロゴが薄く見られる。
 遊戯王OCG1万枚を記念したカードである《万物創世龍》専用のレアリティ
 公式データベースでの略号は10000SE。

  • 公式で封入率の発表はないが、極めて低く、レア度の呼称にちなんで約1万枚(3カートン)に1枚と推測されている。

プリズマティックシークレットレア

 RISE OF THE DUELISTから新たに登場した仕様。
 エクストラシークレットレアと類似した加工に加え(ホイルは格子状)、カード名TCGのSecret Rareで使用されているものに類似した箔押しになっている。
 公式データベースでの略号はPSE。

  • 20thシークレットレアと入れ代わる形で登場した。
  • TCG公式の動画では、「通常のシークレットレアよりも手に入れるのが50倍困難である。」とアナウンスされている。
  • Rising Rampageで登場した時点ではレアリティ名について公式からのアナウンスは無かった。
    「Prismatic Secret Rare」を含め、いくつかの名称がユーザー間で使われていた。
    その後、公式から「Prismatic Secret Rare」という名称になったと発表された。
    • しかし、2020年1月にドイツのKONAMI community day eventで公式スタッフが「Starlight Rare」と呼称したため、上述の紛らわしさもあってか、現在では「Starlight Rare」と呼ばれる事が多い。

関連リンク

広告