邪影(じゃえい)ダーク・ルーカー》

効果モンスター
星7/闇属性/アンデット族/攻 100/守2600
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊し、
相手に1000ダメージを与える。
その後、このカードを持ち主の手札に戻す。

 デッキ改造パック 驚愕のライトニングアタック!!で登場した闇属性アンデット族最上級効果モンスター

 2600という強固な守備力を誇り、更に効果魔法・罠カード1枚を除去した上に、バーンまで行うという両得なもの。
 しかし最上級モンスターである自身をバウンスしなければならないというデメリットが痛い。
 もう1度アドバンス召喚できれば良いが、無理な場合ラッシュデュエルの性質上手札に残ったままでターンを渡してしまうと次のドローが1枚分阻害されるリスクもある。
 としては優秀なステータスも、手札に戻ってしまっては発揮されない。
 アンデット族サポートカードも特にない現状、使いにくさも目立ってしまっている。

 ただ、《青眼の白龍》以外のモンスター攻撃なら防げるので、アドバンスセットして相手ターンを凌いだ上で返しのターン手札を潤して効果を使用、そして揃ったリリースモンスターを使いまたセット・・・・・・という流れができれば嫌らしい動きができるかも知れない。
 また、バウンスされるという事は相手除去を喰らわないというメリットでもあり、リリースさえ確保できれば毎ターン相手に圧力をかけ続けられるだろう。

  • 「ルーカー(lucker)」とは英語のスラングで、インターネット上のSNSやコミュニティ掲示板等において自らは書き込まず読む事に徹する者の事を表す。
    元は「lurk(潜む・隠れている)」という単語に人物を表す接尾語「er」を付けたものであり、アニメでのウシロウの口上・セリフなどにも合致する。
    • 日本のネットスラングでは「ROM専」などと呼ばれている。
  • 《オマエの後ろだ!》の効果特殊召喚した際には、「影はいつでもつきまとう。あなたの背後に音もなくどこに逃げても追ってくる。振り替えればほらそこに。いでよ《邪影ダーク・ルーカー》!」という口上があった。
  • ウシロウの使用カードは怪談・都市伝説をモチーフにしており、このカードのイラストは大鎌を携えた死神の様であるが、口上やサポートカードの《呪いの着信番号》・《オマエの後ろだ!》の存在も考えると、モチーフは「メリーさんの電話」だろうか。

収録パック等



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-11 (火) 08:44:00 (13h)