《アルマの魔導書(まどうしょ)/Spellbook of Eternity》

通常魔法
「アルマの魔導書」以外のゲームから除外されている
自分の「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を選択して手札に加える。
「アルマの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。

 ABYSS RISINGで登場した通常魔法
 除外されている魔導書手札に回収する効果を持つ。

 魔法カードモンスターに比べ再利用しにくいために便利だが、通常は除外される機会は少ない。
 そのためこのカードを採用する場合、前提として《魔導法士 ジュノン》《ゲーテの魔導書》など墓地魔導書除外する必要のあるカードを多く採用することになる。

 魔導書手札に加えるカードとしては、デッキからあらゆる魔導書サーチ出来る《グリモの魔導書》が存在している。
 基本的にはあちらのほうが下準備の必要もなく欲しい魔導書手札に加えることができ便利であるが、このカードには《グリモの魔導書》手札に加えることができるという利点がある。
 除外された《グリモの魔導書》を再利用でき、かつこのカード自体も魔導書であるため、墓地魔導書の枚数を大きく水増しすることができる。
 また魔導書は同一ターン同名カードを複数発動することはできないため、《魔導老士 エアミット》【魔力カウンター】ならば発動回数を増加させることで、モンスター効果魔力カウンターの水増しコンボとして使用できる。

 《魔導法士 ジュノン》と、《魔導書院ラメイソン》(または《魔導戦士 フォルス》)が場に存在する時、以下のような魔導書の循環が可能になる。

  1. 手札《グリモの魔導書》デッキの《アルマの魔導書》を手札に加える。
  2. 《魔導法士 ジュノン》効果《グリモの魔導書》除外破壊効果発動
  3. 《アルマの魔導書》で《グリモの魔導書》手札に戻す。
  4. 《魔導書院ラメイソン》墓地の《アルマの魔導書》をデッキに戻し1ドロー

 手札墓地リソースを全く消費せずに毎ターン、1枚の破壊と1ドローを行える。
 デッキ戻すギミック(上記4)を採用せずとも、2〜3枚目の《アルマの魔導書》を利用すれば《魔導法士 ジュノン》単体でも3ターン循環させられる。
 上記の流れで手札から魔導書が減らないため、《ネクロの魔導書》《魔導法士 ジュノン》蘇生する時に見せる魔導書として確保できる点も強力である。
 上記1で《魔導召喚士 テンペル》の条件を満たす事もでき都合がいい。

 この様に、《グリモの魔導書》には決してできない「《グリモの魔導書》手札に加える事」ができるのがこのカードの強みである。
 《魔導法士 ジュノン》《ゲーテの魔導書》による除外から積極的に狙うことになる。

  • 名前の由来は、ソロモンに帰せられる書の一つである「アルマンダル(またはアルマンデル)」だと思われる。

関連カード

除外されているカード手札戻すカード帰還を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アルマの魔導書》 魔法 通常魔法 魔導書

広告