《ジェネクス・コントローラー/Genex Controller》

チューナー(通常モンスター)
星3/闇属性/機械族/攻1400/守1200
仲間達と心を通わせる事ができる、数少ないジェネクスのひとり。
様々なエレメントの力をコントロールできるぞ。

 DUEL TERMINAL −ワームの侵攻!!−で登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー

 レベル3・闇属性機械族チューナーには《ブラック・ボンバー》《A・O・J サイクロン・クリエイター》のような効果モンスターも存在する。
 このカード通常モンスターであり、《レスキューラビット》《苦渋の決断》《予想GUY》でのサーチリクルートに対応するのが強み。
 《リンク・スパイダー》リンク素材にもでき、例え手札で複数枚ダブついた場合でも、あちらの効果によって更なるリンクモンスターへと展開しやすい。
 また、《ジェネクス・ウンディーネ》効果を使うのに無くてはならない存在であり、通常モンスタージェネクス両方の特徴を持つこのカードが持つメリットは多い。

 数ある通常モンスター専用の特殊召喚サポートを併用するデッキでは候補に挙がる1枚。
 【シンクロ召喚】軸の【ローレベル】では《魔の試着部屋》で呼べる貴重なチューナーとして活躍できる。
 同じくレベルチューナーである《チューン・ウォリアー》とは《地底のアラクネー》シンクロ素材《闇の誘惑》に対応する点で差別化できる。

 【ジェネクス】ではジェネクスモンスター効果発動条件や専用シンクロモンスターシンクロ素材にできる。
 しかし上述の《ジェネクス・ウンディーネ》を除くと扱いやすいモンスターはおらず、その《ジェネクス・ウンディーネ》も大抵は他のデッキ出張要員として扱われる。
 シンクロモンスターもそのほとんどが非チューナーにも特定のシンクロ素材が指定されており、癖の強さも相まって使い勝手は良くない。
 《A・ジェネクス・バードマン》効果でこのカード名にできる《A・ジェネクス・リモート》もおり、それらは《ジェネクス・パワー・プランナー》サーチ可能である。

 このため無理に採用するほどではないが、デッキに合うのならば採用していきたい。
 一応《予想GUY》サーチャーレアル・ジェネクス等を交えることで実質手札消費1枚からのシンクロ召喚を狙うことはできる。
 《レスキューラビット》からこのカード2体を展開し、レベル3非チューナーとで《A・ジェネクス・トライアーム》《レアル・ジェネクス・クロキシアン》と繋げることもできる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTのアドベンチャーモードでは、ジェネクスが相手の際にチームの1体として登場する。

関連カード

―《ジェネクス・コントローラー》を指定するシンクロモンスター

―《ジェネクス・コントローラー》の姿が見られるカード

カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ジェネクス・コントローラー》 モンスター 星3 闇属性 機械族 チューナーモンスター 通常モンスター 攻1400 守1200 ジェネクス

広告