《ソウルドレイン/Soul Drain》

永続罠
1000ライフポイントを払って発動できる。
このカードがフィールド上に存在する限り、
ゲームから除外されているモンスターの効果及び
墓地に存在するモンスターの効果は発動できない。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した永続罠
 墓地または除外されているモンスター効果発動できなくなる効果を持つ。

 《スキルドレイン》では対策できない、墓地発動リクルーターや、大部分の暗黒界海皇効果を封殺できる。
 しかし、《エンド・オブ・アヌビス》と違い「無効にする」のではなく「発動させない」ので、モンスター効果の発動チェーンしても防ぐ事はできない。
 相手効果の発動宣言するより前にこのカード表側表示になっている必要があり、直接アドバンテージを取りにくい。
 さらに、《暗黒界の龍神 グラファ》自己再生効果のようなチェーンブロックを作らない効果は、効果の発動を伴わないため、封じることができない。
 また、当然だが、発動を制限できるのは効果モンスター効果だけであり、《おジャマジック》等の墓地発動する魔法・罠カードには無力である。

 墓地利用メタとして見た場合、除外によってあらゆる効果を封じる《次元の裂け目》《マクロコスモス》も存在する。
 また、除外メタとしては、除外そのものを封じる《王宮の鉄壁》が存在する。
 このカードの場合、1枚で両方に対応できるが、墓地リソースを利用した蘇生サルベージカオス墓地融合による墓地からの除外に対してはメタカードとして働かない。
 逆に言えば、自分でもこれらを利用できるということであり、それぞれの範囲を理解したうえで使い分けることが重要だろう。
 特に、《E・HERO アブソルートZero》聖刻のような、墓地へ送られるかどうかに関係なく発動する効果を封じることができるのは、他にない利点である。

関連カード

墓地発動効果メタ

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《カードカー・D》効果発動できますか?
A:はい、できます。他のフィールド発動する効果も同様です。(12/04/14)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するとき、《ソウルドレイン》の効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/10/18)

Q:上記の場合、「除外されているモンスター効果と、墓地に存在するモンスター効果はどちらも発動できない」状態になるのですか?
  それとも、「除外されているモンスター効果発動でき、墓地に存在するモンスター効果発動できない」状態になるのですか?
A:この場合、除外されているモンスター効果と、墓地に存在するモンスター効果はどちらも発動できません。
  なお、《王家の眠る谷−ネクロバレー》効果によって、《ソウルドレイン》の効果無効化する事はできません。(12/11/11)

Q:相手フィールドに《ソウルドレイン》が存在しています。
  その状況で自分《アビス・ソルジャー》召喚し、《海皇の重装兵》を捨てて《ソウルドレイン》に対して手札に戻す効果発動したとします。
  この場合《海皇の重装兵》墓地に送られた時点では《ソウルドレイン》が存在し、チェーンブロックを作る時点では《ソウルドレイン》が存在していない形となります。
  《海皇の重装兵》効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/03/23)

Q:自身の効果除外された《銀河眼の光子竜》はこのカードが存在していても除外状態から戻る事ができますか?
A:はい、戻る事ができます。(13/08/02)


Tag: 《ソウルドレイン》 永続罠

広告