《マスマティシャン/Mathematician》

効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 下級モンスター1体をデッキから墓地へ送る誘発効果と、戦闘破壊された時にドローする誘発効果を持つ。

 (1)の誘発効果により、レベル4以下限定だが、召喚するだけでモンスター墓地へ送ることができる。
 類似効果を持つモンスターの中でも特に幅広い対応範囲を持つため、様々なデッキに活用できる。

 【アンデット族】《馬頭鬼》【ドラゴン族】《エクリプス・ワイバーン》など、主力モンスター効果発動を助けることで大きな役割が望めるデッキは多い。
 【植物族】でも、キーカードとなる《ダンディライオン》《ローンファイア・ブロッサム》墓地へ送る事ができる点、《メリアスの木霊》エクシーズ素材となれる点から相性がいい。
 《ライトロード・アーチャー フェリス》なら、このカード1枚から《アーカナイト・マジシャン》等のレベル7のシンクロモンスターに繋げる事ができる。
 《ダンディライオン》墓地へ送ることで綿毛トークンリンク素材を確保できる他、《リバイバルゴーレム》墓地へ送ることで《ミセス・レディエント》を出せる。
 条件を整えるのが難しい《地霊神グランソイル》《デザート・ツイスター》も、属性の都合上揃えやすくなる。

 (2)の誘発効果ドローが可能なので、戦闘破壊される事によるディスアドバンテージを回復できるのも見逃せない。
 (1)の効果と両方適用できれば、2回のデッキ圧縮を行った事になる。

 このように汎用性が高く様々なデッキで採用できるモンスターだが、通常召喚権を使ってしまう点は数少ない難点といえる。

  • 「マスマティシャン(Mathematician)」は「数学者」を意味する英単語。
    計算を用いた論理的なデュエルを行う三沢らしいカードであると言えるだろう。
  • OCG化にあたってイラストが若干変更されており、服のしわや髭などがより丁寧に描写されるとともに、顔の向きが向かって左から正面向きに変えられている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《マスマティシャン》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 魔法使い族 攻1500 守500

広告