恐牙狼(きょうがろう) ダイヤウルフ/Diamond Dire Wolf》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣族/攻2000/守1200
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体と
フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

 COSMO BLAZERで登場した地属性獣族エクシーズモンスター
 自分フィールド上の獣族獣戦士族鳥獣族1体とフィールド上のカード1枚を破壊する起動効果を持つ。

 《スクラップ・ドラゴン》と似た効果を持つが、こちらの方が展開しやすい分、性能は低い。
 自分側の破壊するカード獣族獣戦士族鳥獣族に限られており、これらの種族を使わないデッキではこのカード自身を破壊する必要がある。

 表側表示カード除去するならば、同ランク《鳥銃士カステル》のほうが自身を残せる分扱いやすい。
 一方で、裏側表示カード除去できるランク4は乏しく、素材が2体で指定がないものでは自分フィールド除去してしまう《励輝士 ヴェルズビュート》くらいしかない。
 「正体不明の伏せカードさえ破壊すれば勝てる」場合など、デュエルにおいてアドバンテージを無視してでも伏せカード除去したい場面は少なくない。
 後にTCG先行カードとして伏せカード除去できる《Tornado Dragon》が登場したが、新マスタールールではエクストラデッキから特殊召喚するカードの位置が制限されるため、このカードフィールドに残らない点がメリットにもなりえる。
 ランク4・素材指定なしという出しやすさもあり、環境デッキでもしばしば採用されるカードである。

 自身の種族や「自分カード破壊」という性質を活かし、《補給部隊》機皇帝トリガーにする手もある。
 【炎王】では、各種炎王《ネフティスの鳳凰神》等を破壊する事でアドバンテージが得られる。
 【獣族】では、《森の番人グリーン・バブーン》《No.64 古狸三太夫》とのシナジーが期待できる。
 特に《チェーンドッグ》エクシーズ素材破壊対象の両方に対応し、かつ自己再生効果を活かしやすいため相性が良い。
 【宝玉獣】【紋章獣】【TG】等の、破壊を利用できる種族混合カテゴリとの相性も悪くない。

  • 2014年の世界大会では《鳥銃士カステル》が使えなかったために採用率は高く、公式サイトでもこのカードをプッシュした記事が取り上げられた。
  • 元ネタは、かつてアメリカ大陸に棲息していたとされる絶滅種のオオカミ「ダイアウルフ」だろう。
    「ダイア(Dire)」は『恐ろしい、ものすごい』を意味する。
    また、イラストは「体がダイヤモンドで出来たオオカミ」であり、DiamondとDireをかけたダブルミーニングのようだ。

関連カード

―《恐牙狼 ダイヤウルフ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象に選択したカードの内1枚フィールド上から存在しなくなった場合でも、残りの選択したカード破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/11/17)

Q:自分相手カード破壊するのは同時扱いですか?
A:はい、同時です。(12/11/18)

Q:カードの効果破壊されないカードを選択して、発動できますか?
  また、発動できる場合、片方のカード破壊されない場合でも残りのカード破壊されますか?
A:選択可能であり、片方が破壊されなくてももう片方は破壊されます。(12/11/18)


Tag: 《恐牙狼 ダイヤウルフ》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク4 地属性 獣族 攻2000 守1200

広告