剣闘獣(グラディアルビースト)アウグストル/Gladiator Beast Augustus》

効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2600/守1000
(1):このカードが「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から「剣闘獣」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。
(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣アウグストル」以外の「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

 PRIMAL ORIGINで登場した闇属性鳥獣族最上級モンスター
 剣闘獣効果特殊召喚に成功した時に手札剣闘獣特殊召喚できる誘発効果剣闘獣リクルートする誘発効果を持つ。

 《剣闘獣ウェスパシアス》効果で2800になるが、他の効果特殊召喚する場合はこのカードメインデッキに入る剣闘獣としては最大値となる。
 《剣闘獣アンダバタエ》融合素材に指定されているため、《E・HERO プリズマー》等の効果を受けることができる。
 カード名が指定されているわけではないが、その展開能力により《剣闘獣総監エーディトル》融合素材としても重要なモンスターである。

 (1)は、剣闘獣効果によって特殊召喚に成功した時に手札剣闘獣特殊召喚する効果
 この効果も「剣闘獣モンスター効果による特殊召喚」に該当するため、特殊召喚した剣闘獣効果を使用できる。
 とはいえ剣闘獣効果は基本的にバトルフェイズ終了時に発動するため、他の剣闘獣効果特殊召喚するのとタイミングは変わらない。
 《剣闘獣ダリウス》や2枚目の同名カード特殊召喚し、メインフェイズ2で各種エクシーズ素材剣闘獣融合モンスター融合素材《剣闘獣ドラガシス》リンク素材として活用することになる。
 また、《剣闘獣ガイザレス》等から2体同時にリクルートをする場合は、このモンスター《剣闘獣ティゲル》を同時に特殊召喚することでコンボが成立する。(詳細は《剣闘獣ティゲル》を参照のこと。)
 《スレイブタイガー》効果を使えばメインフェイズ1に展開し、エクシーズモンスターリンクモンスター攻撃することも可能にはなる。

 (2)は、剣闘獣共通のリクルート効果

 このカードの特色として、同名カードを並べる事でランク8のエクシーズ召喚に繋げる事ができる点が挙げられる。
 《剣闘獣アンダバタエ》の固定の融合素材に指定されているため、《E・HERO プリズマー》墓地へ送ることができ、《剣闘獣ダリウス》での蘇生を狙える。
 盤面を切り崩す能力に長けた《剣闘獣ガイザレス》からこのカード2体を展開し、制圧力に優れた《神竜騎士フェルグラント》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》を展開して疲弊した相手を抑え込めるのは、他のランク8を扱うデッキでもそう真似できない芸当である。
 《森羅の守神 アルセイ》ドローロックをかけたり、《No.22 不乱健》魔法・罠カードを守りつつ高攻撃力で圧力をかけるといった動きもとれる。
 上記の通り、手札にある場合も剣闘獣単体の効果から繋いだり、《剣闘獣ダリウス》を利用してランク4や《剣闘獣ガイザレス》と同時に並べる事もできるなど、柔軟性は高い。
 また、エクシーズ素材としてこのカードが消費された場合や、ランク8が突破された場合からも、《剣闘獣ガイザレス》を展開できれば、《剣闘獣ダリウス》2体をリクルートして再度エクシーズ召喚できる。
 《剣闘獣ダリウス》2体でランク4を同時に並べる事も可能であり、あちらをエクシーズ召喚で処理する事で無効およびデッキに戻るデメリットを解除し、そのまま居座る事もできる。
 ランク8を維持できれば、必然的に後続の剣闘獣リクルートも通りやすくなるほか、戦闘補助や《リビングデッドの呼び声》などが展開から一貫して機能するため、戦術上の親和性も高い。

 複数枚採用が前提の最上級モンスターなので手札腐る可能性はあるが、同名カードリクルートを成立させれば本来の目的であるランク8の展開+αを行えるため、そこまで重いカードではない。
 無論、《剣闘獣ガイザレス》ランク4のエクシーズモンスターのみで制圧を期待できる相手であれば、わざわざリスクを抱えてまで利用する必要性は薄いが、従来の【剣闘獣】とは異なる動きが可能になるため、軸とした構築を行う価値は十分にあるだろう。

  • 名前の由来は、ラテン語で「尊厳ある者」を意味する称号「アウグストゥス(Augustus)」だろう。
    初代ローマ皇帝となったオクタウィアヌスが授かって以降、ローマ帝国の皇帝を示す称号として用いられた。
    • 8月の英語表記「August」は、アウグストゥスが由来となっている。
  • アニメ公式サイトの「超熱血デュエル塾」でこのカードテキストが確認できるが、誤植なのか(1)の効果が「特殊召喚に成功した場合」となっている。
  • 《剣闘獣アンダバタエ》召喚口上では「皇帝の名」と称されているが、上記の名前の由来を知っていないとやや連想が難しい例え方と言える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《剣闘獣アウグストル》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 鳥獣族 攻2600 守1000 剣闘獣

広告