黒魔導の執行官(ブラック・エクスキューショナー)/Dark Eradicator Warlock》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「ブラック・マジシャン」1体を
リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分または相手が通常魔法カードを発動する度に、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

 ストラクチャーデッキ−魔法使いの裁き−で登場した闇属性魔法使い族特殊召喚モンスター
 フィールド《ブラック・マジシャン》リリースした時のみ特殊召喚できる召喚条件と、通常魔法発動する度に相手ダメージを与える永続効果を持つ。

 《ブラック・マジシャン》リリースしなければ特殊召喚できないが、【ブラック・マジシャン】ならば召喚条件は容易に満たせる。
 《魔導教士 システィ》サーチに対応しており、後述するように効果との相性も良いため、【魔導書】と組み合わせても良いだろう。
 その他、《E・HERO プリズマー》カード名《ブラック・マジシャン》に変更してリリースする手もある。
 しかし、このカード自身のサーチ手段に乏しく、蘇生帰還も一切行えないため、扱い辛さは否めない。
 効果のみを使うのならば、墓地に落として《ファントム・オブ・カオス》でコピーしても良い。

 効果通常魔法発動する度に適用され、1枚につき1000のバーンダメージを与えるもの。
 ターン中の回数制限が無く、通常魔法8枚で1ターンキルが可能なので、無視できない数値である。
 サーチ手札交換を行う通常魔法とは相性が良く、ディスアドバンテージ無しで火力に変換することができる。
 《トゥーンのもくじ》《トゥーンのもくじ》を2度サーチすれば3000ダメージを与えられ、《無欲な壺》《トゥーンのもくじ》2枚をデッキ戻して再びサーチすれば6000ものダメージを与えられる。
 《グリモの魔導書》《ヒュグロの魔導書》などサーチの豊富な魔導書や、《闇の誘惑》《デステニー・ドロー》《トレード・イン》に対応するD−HEROを併用するのも良いだろう。

 また、バーン効果を持つ通常魔法は大幅に火力を増強でき、《火炎地獄》《デス・メテオ》で1枚につき2000の効果ダメージを与えられる。
 しかし、「《ブラック・マジシャン》リリースしてこのカードを出す」という行為に2枚のカードを消費している事は忘れてはならない。
 2枚分をバーンダメージで取り返すには、バーン魔法を3枚以上発動する必要がある。

 相手発動した通常魔法トリガーになるため、立たせておくだけでもある程度魔法カードに対する抑止力となり得る。
 しかし、ステータス《ブラック・マジシャン》と変わらず、戦闘面はやや頼りない。
 更に、モンスター効果魔法・罠カードで簡単に除去されてしまう可能性も高く、なんらかのサポートをしない限り、場持ちは期待できない。
 《トーラの魔導書》《ブラック・イリュージョン》などで防御しても良いが、極力召喚したターン相手ライフを削り切ってしまいたい。

  • 「エクスキューショナー(Executioner)」は「死刑執行人」という意味がある。
    そのためか、英語名は「Dark Eradicator Warlock(根絶せし闇の魔法使い)」と変更されている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D's第33話のチーム・サティスファクション時代の回想シーンにおいてマジシャンズ・フォーのリーダーが使用。
    鬼柳の《ジェネラルデーモン》攻撃するが、《ヘイト・バスター》破壊された。
    • 字幕では「ブラック・エクスキューョナー」となっていた。

関連カード

―《黒魔導の執行官》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《黒魔導の執行官》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2500 守2100 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告