(おも)()のブランコ/Swing of Memories》

通常魔法
(1):自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した通常魔法
 通常モンスター蘇生させる。
 蘇生したモンスターエンドフェイズ時に自壊する。

 同じ通常魔法通常モンスター蘇生カードは、他に《黙する死者》がある。
 あちらの主な利点は《黙する死者》を参照。

 こちらは自壊するものの、制限がないため攻勢に出やすくなる。
 そのため、あちらに比べるとこちらは高レベルや高攻撃力モンスターに対して使用する事になるだろう。
 攻撃した後のメインフェイズ2にコストや素材に当ててしまうのも手か。
 《強制転移》相手モンスターと交換すればアドバンテージにも繋がる。

 ただし上記の戦術のうち、特定のドラゴン族モンスターメインのデッキはもちろん、単に攻撃力だけが必要な戦術の場合もドラゴン族蘇生することになる場合が多く、その場合は使用枚数制限以外は上位互換《銀龍の轟咆》が存在する。
 また《黙する死者》と比べ、展開を妨害された場合に自壊を防ぎ辛いという問題もあり、デッキタイプによってどれを採用するか・併用するかはきちんと考えていきたい。
 【デミスドーザー】墓地に送った《鉄鋼装甲虫》蘇生させて1ターンキルに繋げる、《コスモクイーン》蘇生して《ガガガシールド》で守る、といったものがある。
 レベル7のような、エクシーズモンスターメインフェイズ2で効果を発揮しやすいレベル通常モンスターを多く採用する場合にも優先する意義となりうる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《絶対魔法禁止区域》適用中に使用した場合、自壊適用されますか?
  また、《思い出のブランコ》を発動後に《絶対魔法禁止区域》を使用した場合、自壊適用されますか?
A:《思い出のブランコ》の効果特殊召喚された通常モンスターは、《絶対魔法禁止区域》適用されている場合でもエンドフェイズ破壊される事になります。
  なお、《絶対魔法禁止区域》と《思い出のブランコ》の発動する順番によって処理に違いはありません。(14/04/03)

Q:エンドフェイズ自壊チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ。作られません。(09/08/05)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果で《思い出のブランコ》を発動した場合、特殊召喚したモンスターエンドフェイズ破壊されますか?
A:特殊召喚されたモンスターエンドフェイズ破壊されます。(12/02/02)


Tag: 《思い出のブランコ》 魔法 通常魔法

広告