八汰烏(ヤタガラス)(むくろ)/Legacy of Yata-Garasu》

通常罠
次の効果から1つを選択して発動する。
●自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●相手フィールド上にスピリットモンスターが表側表示で
存在する場合に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 PREMIUM PACK 6で登場した通常罠
 条件によって枚数の変化するドロー効果を持つ。

 罠カードであるために発動のタイミングが遅い。
 しかし、発動条件に指定がなくフリーチェーンなので、ブラフデッキ圧縮カードとして使用できる。
 相手《サイクロン》等にチェーンすれば、1枚分のアドバンテージを得られる。

 単独で使用する場合は、2番目の効果の存在から《強欲な瓶》上位互換であるが、相手に完全に依存し、かつスピリットの使用率は決して高くないため発動の機会は少ない。
 そのため、活かすのであれば《強制転移》等のコントロール交換カードとのコンボで能動的に狙うと良い。
 元々スピリット《強制転移》相手モンスターを一方的に奪えるコンボになるので相性が良く、後はこのカードの枠さえ捻出できれば成立する。
 また、《河伯》効果相手モンスタースピリットモンスターにする事でも条件を満たせる。

 【エクゾディア】【凡骨ビート】等、大量ドローを行うデッキでは、《強欲な瓶》と共に3枚積みする事も珍しくない。
 ロックカードの代わりに伏せ、《サイクロン》の囮として使われる事もある。
 ドロー阻害にもなりうるが、次のターン以降に途切れた時の保険になる。
 【チェーンバーン】チェーンカード発動にも一役買っている。

  • 《八汰烏》については当該ページ参照。
    骸とは「骸骨」や「死骸」の字にもあるように、死体を意味する言葉である。
    《八汰烏》が死したことで、妨害されていた分のドローカードが帰ってきた、という意味だろうか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《八汰烏の骸》 通常罠

広告