(かぜ)精霊(せいれい) ガルーダ/Garuda the Wind Spirit》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1600/守1200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に存在する風属性モンスター1体を
ゲームから除外した場合に特殊召喚する事ができる。
相手のエンドフェイズ時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
表示形式を変更する事ができる。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した風属性鳥獣族特殊召喚モンスター
 墓地風属性モンスター除外して特殊召喚する召喚条件相手エンドフェイズ相手フィールド表側表示モンスター1体の表示形式を変更する誘発効果を持つ。

 風属性モンスター1体の墓地コスト特殊召喚できる能力を持つモンスターは希少であり、リリースシンクロ素材エクシーズ素材などに利用できる。
 風属性なので《電光千鳥》《ハーピィズペット幻竜》エクシーズ素材として有効に活用できるだろう。

 しかし、表示形式変更効果発動タイミングが遅く、ステータスもさほど高くない。
 発動さえすれば羊トークン《マシュマロン》サンドバッグにできるが、《エネミーコントローラー》等タイミングを限定しないものも存在する。
 単体能力で見ると、同じ召喚条件でより高い攻撃力手札破壊効果を持つ《シルフィード》の方がアドバンテージを獲得しやすい。

 こちらは鳥獣族なので《零鳥獣シルフィーネ》《ゴッドバードアタック》等に対応している点が魅力である。
 【ドラグニティ】では、《ドラグニティ−ドゥクス》と同じレベル種族なので、《ドラグニティ−ファランクス》を用いたシンクロ召喚にそのまま利用でき、幅広い活躍が期待できる。
 《竜の渓谷》などには対応しないが、《ドラグニティナイト−ガジャルグ》には対応するため、手札に他のドラゴン族または鳥獣族がある状況では、デッキからサーチした後にそちらを捨てる事で続けて特殊召喚が可能である。
 ただし、単体での脆さからほとんどコンボ専用になりやすいため、投入する際はこのカードサポートカードの枚数はよく吟味する必要があるだろう。

  • 「ガルーダ(Garuda)」はヒンドゥー教の神の1柱であり、人と鳥が合わさった姿を持つ。
    体は赤く、翼は黄金に輝き、その背にヴィシュヌ神を乗せ空を舞うという。
    龍(蛇)を常食しており、8頭の神蛇ナーガと激しく対立している。
    「迦楼羅(かるら)」という名で仏教にも取り入れられており、こちらでは仏法の守護神である八部衆の一員とされる。
  • 原作・アニメにおいて―
    海外オリジナルのカプモン編では神殿を守る壁を守る石像として登場した。
  • 古代編において神官シャダが石板の封印石から呼ぶ似た鳥人の魔物ゼルアを召喚している。
    比較的高い戦闘力を持ちながら、王宮の戦闘訓練でアイシスの精霊スピリアの虹の防御壁を能力により無効化するなど活躍を見せる。
  • アニメGXにおける「十代vsアムナエル」戦にて、アムナエルが《エレメンタル・アブソーバー》コストに使用しているのが確認できる。
    描写を意識したのか、その他属性の精霊もコストとして捨てられている。
    また、ヨハンを探すべく異世界へ向かった十代たちが辿り着いた地区の住人としても登場。
    その地区の支配者たる鳥獣族の一員として他の住人を虐げていた。

関連カード

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《風の精霊 ガルーダ》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1600 守1200

広告