竜騎士(りゅうきし)ブラック・マジシャン・ガール/Dark Magician Girl the Dragon Knight》

融合・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2600/守1700
「ブラック・マジシャン・ガール」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚
または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、手札を1枚墓地へ送り、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
その表側表示のカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 自身の特殊召喚に関する制約と、1ターンに1度手札コストを払い表側表示カード破壊する誘発即時効果を持つ。

 融合素材代用モンスターが使えず、正規特殊召喚後でも蘇生帰還ができないためフィールドに出す難易度は少し高い。
 通常の《融合》に加え《ティマイオスの眼》《龍の鏡》《オッドアイズ・フュージョン》に対応するものの、ディスアドバンテージ手札融合ができない等、どれも一長一短である。
 融合素材《ブラック・マジシャン・ガール》種族属性サポートが豊富なので、これらを駆使して融合召喚を補助したい。

 《融合》の場合は《ベリー・マジシャン・ガール》《E・HERO ブレイズマン》などサーチカードで極力消費を軽くしたい。
 ドラゴン族の方は《伝説の白石》《仮面竜》などのサーチリクルートできるものの他にサポートが一致するレベル7・8のドラゴン族でもいい。
 《融合回収》《融合準備》は再度融合召喚を狙うだけでなく手札コストの確保にも使える。
 《融合》の代わりに《オッドアイズ・フュージョン》を使用できる。
 条件はあるが《ティマイオスの眼》と同じ消費で済み、《ティマイオスの眼》と違い《龍の鏡》へ繋げることも可能となる。

 《ティマイオスの眼》を使う場合は《E・HERO プリズマー》《ファントム・オブ・カオス》等のカード名を得る効果でサポートすればアドバンテージを失いにくい。
 どちらも《召喚僧サモンプリースト》に対応し、《E・HERO プリズマー》墓地へ送った《ブラック・マジシャン・ガール》《ファントム・オブ・カオス》コストにできるので、併用も難しくないだろう。
 《ティマイオスの眼》《ブラック・マジシャン》にも対応するため、《超魔導剣士−ブラック・パラディン》《呪符竜》との使い分けもできる。

 《龍の鏡》の場合は《ダーク・グレファー》《ブラック・マジシャン・ガール》及び闇属性ドラゴン族融合素材セットを墓地へ送る事で即座に条件を満たすことができる。
 採用する闇属性ドラゴン族《バイス・ドラゴン》《限界竜シュヴァルツシルト》などの特殊召喚が容易なものを採用し、リリースとして使うのが良いか。
 また、墓地へ送られたこのカード《龍の鏡》で2体目の《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》の融合素材にする事も可能。

 レベル7・ドラゴン族なので《巨神竜の遺跡》に対応している。
 《巨神竜の遺跡》の(2)の効果に対応してるだけでなく(1)の効果で出るトークン融合素材になる。
 また、《復活の福音》はこのカード蘇生できないが耐性を付与することができる。

 モンスター効果表側表示に限定された《サンダー・ブレイク》であり、フリーチェーン除去である。
 永続カードでない魔法・罠カードの妨害はできないものの、相手の展開阻害としては十分な威力を発揮してくれる。
 ただし手札コストが必要であり、自身の特殊召喚手札を消費しがち。
 また手札墓地へ送ることが発動条件となるため、《マクロコスモス》等の表側表示でも対処できないカードが存在する。(《マクロコスモス》発動に対してチェーンすること自体は可能)

  • 公式サイトおよびパッケージイラストでは、ティマイオスにまたがったカードイラストとは異なり、立ち姿となっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/05/17)


Tag: 《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2600 守1700 ブラック・マジシャン・ガール マジシャン・ガール 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告