《『守備(しゅび)(ふう)じ/Stop Defense》

通常魔法
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にする。

 Vol.3で登場した通常魔法
 相手モンスター攻撃表示にする効果を持つ。

 相手モンスターに使用することで、戦闘破壊と大きな戦闘ダメージを与えることが期待できる。
 同じ効果を持つモンスターとして《サムライソード・バロン》が存在するが、魔法カードモンスターという差があり、どちらを採用するかはデッキによって異なる。
 《太陽の書》《エネミーコントローラー》と違い、裏側表示でも表側表示でも表側攻撃表示にできるという利点はある。

 しかし、環境の変化に伴って攻撃力の低いモンスターの採用が減っており、発動が有効となる機会が巡ってこないことも多い。
 直接的にはディスアドバンテージである点も難点で、その後の対象モンスターへの攻撃を妨害された場合効果は無駄になってしまう。
 このようなカードを使用するより、除去魔法カードを使用した方がうまく立ち回れる。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作の「決闘者の王国編」において死の腹話術師、ゴースト骨塚、キースが使用。
    相手が守備表示宣言した時に発動し、永続的に守備表示を封じる罠カードだが、何故か好きなタイミングで使用している。
    相手直接攻撃ができない王国のルールにおいては、貴重なダメージ源でありほぼ必須カードであった。
    「闇遊戯vs死の腹話術師」戦では圧倒的な攻撃力を誇る《青眼の白龍》とのコンボにより遊戯を苦しめた。
    骨塚とキースの場合は止めを刺すために使用するがいずれも失敗している。
  • アニメではイラストOCG仕様、永続罠《守備封印》への置きかえなどと、扱いの統一性に欠けた。
    原作でも死の腹話術師と骨塚が使用したもの、キースが使用したものとで効果が異なる。
    キースが使用した時は「罠カード」と明記されているにも関わらず手札から発動しており魔法カードのように扱われている。
    また効果永続効果では無くなっている。
  • アニメでは「王国編」後も使われ、完全に実物と同じ効果に修正された。
    またアニメで骨塚が使用した時は実物の物に修正されているが、発動せず原作通りセットしており、遊戯もこのカードを「罠カード」と言っているため、見た目が魔法カードなだけで実際は原作通りの罠カードだと思われる。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • 漫画GXの「万丈目vs翔」戦において翔が使用。
    《レッド・ワイアーム》を攻撃表示にし《ソリッドロイドβ》の攻撃を補助した。
  • アニメ5D'sでは、このカードは登場していないが、「遊星vsジャック」(4戦目)において、同じ効果を持つ魔法カードSp(スピードスペル)−ディフェンス・バスター》が登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王デュエルモンスターズ 最強カードバトル!では、初期デッキに複数投入されている。
    使用時には主人公の専用ボイスも用意されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《『守備』封じ》 魔法 通常魔法

広告