A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) サイクロン・クリエイター/Ally of Justice Cyclone Creator》

チューナー(効果モンスター)
星3/闇属性/機械族/攻1400/守1200
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
フィールド上のチューナーの数だけ、
フィールド上の魔法・罠カードを選んで持ち主の手札に戻す。

 LIMITED EDITION 13で登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 A・O・Jの1体であり、フィールド上の魔法・罠カードバウンスする起動効果を持つ。

 このカード自身もチューナーのため、効果解決時除去されなければ少なくとも1枚はバウンスできる。
 自分カードも戻せるため、魔法・罠カードを再利用可能なチューナーとして活用できる。

 ただ、チューナーがほぼ1体しか使えないシンクロ召喚の性質上、フィールドチューナーばかりが並んでいる状態はあまり好ましくない。
 エクシーズ召喚中心の場合はこの限りではないが、レベルチューナー特殊召喚しやすいものはそう多くはない。
 相手フィールド上のチューナーも数えられるが、《クレボンス》等の一部を除きチューナーフィールドに留まっていることはあまりない。
 この点、フィールドチューナーを維持することに長けた【チューナー】なら、大活躍が望める。
 また、《バラエティ・アウト》とも相性が良い。

 このカード蘇生させた後、このカードの効果《継承の印》《増草剤》バウンスし再利用することで、シンクロ素材モンスターを揃えることが可能。
 そのため、【植物族】に採用するのも1つの選択肢。
 また、《キラー・トマト》から呼び出せる闇属性なので、【ダムドビート】にも無理なく組め、墓地闇属性モンスターの数の調整にも使える。

 【A・O・J】では他との連携自体は図りにくくサポートも効果が薄いものの、展開力の低いこのデッキでは捨て蘇生の準備及び除去カードバウンスが行えるため投入も悪くない。
 このカード自体も《奈落の落とし穴》にかからないため、それを戻した後に《リビングデッドの呼び声》等で捨てたモンスターを展開できれば理想的である。

 他にも【クリフォート】では自分ペンデュラムゾーンに置かれたクリフォートバウンスする事で特殊召喚の制限を解除し、シンクロ召喚を行う事が可能となる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何ですか?
A:起動効果です。(08/08/25)

Q:対象をとりますか?
A:いいえ、対象はとりません。(08/08/25)

Q:手札戻す魔法・罠カードを選択するのはいつですか?
A:効果解決時になります。(08/08/27)

Q:魔法・罠カードの数よりチューナーの数の方が多い場合、効果発動できますか?
A:いいえ、ちょうどの数を戻す必要があるため、発動できません。(08/08/25)

Q:チューナーの数は効果発動時効果解決時のどちらで参照しますか?
A:効果発動時の数を参照します。(08/08/27)

Q:発動後に魔法・罠カードの数が減り、チューナーの数よりも少なくなった場合、効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(08/08/27)


Tag: 《A・O・J サイクロン・クリエイター》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 機械族 攻1400 守1200 A・O・J

広告