(アーリー)・ジェネクス・ドゥルダーク/Genex Ally Duradark》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1800/守 200
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
このカードと同じ属性を持つ、相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する
モンスター1体を選択して破壊する。
この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。

 LIMITED EDITION 16で登場した闇属性機械族下級モンスター
 A・ジェネクスの1体であり、1ターンに1度、自身の属性と同じ属性相手モンスター1体を破壊する起動効果を持つ。

 自身の属性を変更する事で様々な相手モンスター破壊できるが、このカード自体には自身の属性を変更する効果は備わっていない。
 よって、基本的には「相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する闇属性モンスター1体を破壊する効果」となる。
 幸い闇属性モンスターを採用するデッキは多く、アタッカー並の攻撃力も持っているこのカードの使い勝手はかなり良い。
 【機械族】の天敵である《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を後出しで処理できる事も強みである。

 そのターン中は自身が攻撃できなくなるが、毎ターンノーコスト除去効果発動できる。
 《召喚僧サモンプリースト》特殊召喚できる除去要員でもあり、攻撃できないデメリットも重複しているため気にならない。
 効果相手モンスター破壊し、エクシーズ召喚に繋げられれば理想的である。
 またレベル4・機械族闇属性なので、《ブラック・ボンバー》による蘇生対象にもなり、守備力200なので《フレムベル・パウン》でのサーチもできるなど、ステータス面でも良い事尽くめである。

 闇属性メタとしてサイドデッキに投入する事も検討できる。
 前述のようなサポートは多いため、効果発動後にエクシーズ素材等に支障なくする事ができる。
 《ヴェルズ・オピオン》のようなカードもすぐに対処でき、防がれたとしても《ジェムナイト・パール》等の素材として追撃を行うといった戦術が取れる。

 自身の属性を参照する効果なので、効果解決時にこのカード表側表示フィールドに存在しない場合、効果不発になる。
 さらに対象表側攻撃表示でなければならないので、効果解決時に選択した相手モンスター守備表示になっている場合も破壊できない。

  • 「ドゥルダーク」という名前は硬膜、またはフランス語で「硬い」を意味する「Dura」に「Dark」を付けたものだろうか。
    下級モンスターの中では高めの攻撃力なので、名前負けはしていないが、守備力は低い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果種別は何ですか?
A:対象をとる起動効果です。
  なお、効果解決時にこのモンスター裏側守備表示の場合、属性を確認できない扱いとなり破壊はできません。(09/09/07)


Tag: 《A・ジェネクス・ドゥルダーク》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1800 守200 ジェネクス

広告