AtoZ(エートゥズィ)−ドラゴン・バスターキャノン/A-to-Z-Dragon Buster Cannon》

融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻4000/守4000
「ABC−ドラゴン・バスター」+「XYZ−ドラゴン・キャノン」
自分フィールドの、元々のカード名が上記のカードを
除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):フィールドのこのカードを除外し、除外されている自分の
「ABC−ドラゴン・バスター」「XYZ−ドラゴン・キャノン」を1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ストラクチャーデッキ−海馬瀬人−で登場した光属性機械族融合モンスター
 手札コスト1枚で相手モンスター効果の発動魔法・罠カード発動無効にして破壊できる誘発即時効果、自身を除外する事で特定のモンスター帰還する誘発即時効果を持つ。

 まず特殊召喚自体が困難なカードであり、融合素材を3体指定した融合モンスター同士をフィールドに揃えて除外する必要がある。
 擬似的な墓地融合を備えた《ABC−ドラゴン・バスター》は難しくないが、《XYZ−ドラゴン・キャノン》特殊召喚は容易ではない為、このモンスターを出すこと自体を目的とした専用構築にするのが望ましい。
 融合素材は元々のカード名でなければならないため、《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》のように《融合識別》も使えない。
 このカード特殊召喚を狙う場合、《ユニオン格納庫》《ABC−ドラゴン・バスター》及びそのパーツが持つユニオンサポート効果を駆使して《XYZ−ドラゴン・キャノン》側を揃えていく事になるだろう。

 召喚条件重いが、出してしまえば手札が続く限り何度でもモンスター効果魔法・罠カード発動無効にできる。
 ただし、出す過程で手札を大きく消耗し(1)の手札コストに使える分は限られるため、特殊召喚したターンでの勝利が求められる。
 (2)の効果バトルフェイズの追撃をする際にも役に立ち、総攻撃力は9800にもなる。
 その後、再びこのカード特殊召喚できるが、自身は除外されてしまうためこのカードを複数枚投入する必要がある。

 問題は《ABC−ドラゴン・バスター》フィールドに存在する時点で十分な制圧力を持ち、そこからさらにこのカードを出す必要が薄い点。
 《XYZ−ドラゴン・キャノン》とその素材が必須な上に、あちらの汎用性も低いため、あちらを採用することで結果的に事故要因になりやすい。
 そのため、環境で活躍する【ABC】では《ABC−ドラゴン・バスター》だけが採用されて、このカード《XYZ−ドラゴン・キャノン》は全く採用されてないのが現状である。

  • 「AtoZ」は直訳すると「からまで」となるが、これより前にOCG化されているは関連がない。
    に関しては海馬が使っていないから外されたという事だろうか。

関連カード

―類似効果

融合素材

収録パック等


Tag: 《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 光属性 機械族 攻4000 守4000 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告