B・F(ビー・フォース)必中(ひっちゅう)のピン/Battlewasp - Pin the Bullseye》

効果モンスター
星1/風属性/昆虫族/攻 200/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに昆虫族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの「B・F−必中のピン」の数×200ダメージを相手に与える。

 COLLECTION PACK−革命の決闘者編−で登場した風属性昆虫族下級モンスター
 昆虫族が存在する場合に特殊召喚できる起動効果フィールド同名カードの数だけ効果ダメージを与える起動効果を持つ。

 (1)は昆虫族が存在する場合に自身を特殊召喚できる効果
 特に制限も無く利用できるため、【昆虫族】においては汎用カードとして扱える。
 しかし、レベルステータス共に低いため、リンク素材、もしくはシンクロ召喚レベル調整が主な用途となるだろう。
 《B・F−毒針のニードル》からサーチすれば即特殊召喚に繋げられ、リンク召喚等の起点にできる。
 似た役割ができる《B・F−連撃のツインボウ》に比べると、こちらは展開制限が無いため扱いやすく、出張性能にも秀でる。
 一方、レベルが低いためシンクロ素材としての性能はあちらに劣ると言えよう。

 (2)はフィールド同名カードに比例したバーン効果
 ダメージ倍率は低く、最大でも600にしかならないためオマケに近い。
 幸いステータスは低く並べる手段は豊富であり、(1)の効果から《地獄の暴走召喚》発動できるので最大ダメージは出しやすい。

 《進化する人類》元々の攻撃力を上げてから効果を使うことで《B・F−霊弓のアズサ》効果によるダメージが大きく増える。
 《甲虫装機 ピコファレーナ》《甲虫装機 ギガマンティス》装備させても同様。

  • 「ピン」とは留め針を表す。
    • 英語名の「bullseye(bull's‐eye)」は「標的の中心部」「急所」「要点」などを意味する。
  • 貧弱なステータスと単体では微弱にすぎないバーン効果しか持たないため、トップスの観客の一部からは軽んじられていた。
    シンジ自身も他のB・F以上にこのカードの性能をコモンズに例える発言が多く、圧政による彼の貧困への思いを象徴するモンスターと言える。
    また、バーン効果を連続して発動する際には一撃一撃にトップスによる住む場所や一方的な勝負によるカードの略奪、飢餓に対する恨み辛みを述べていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《B・F−必中のピン》 モンスター 効果モンスター 星1 風属性 昆虫族 攻200 守300 B・F

広告