E・HERO(エレメンタルヒーロー) ストーム・ネオス/Elemental HERO Storm Neos》

融合・効果モンスター
星9/風属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード」+「N・アクア・ドルフィン」
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊できる。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。
この効果によってこのカードがエクストラデッキに戻った時、
フィールド上のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

 PHANTOM DARKNESSで登場した風属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの1体であり、《E・HERO ネオス》《N・アクア・ドルフィン》《N・エア・ハミングバード》トリプルコンタクト融合した姿。
 コンタクト融合体共通の召喚条件エンドフェイズエクストラデッキに戻る誘発効果フィールド魔法・罠カードを全て破壊する起動効果、自身の効果エクストラデッキに戻った場合にフィールドのカードを全てデッキバウンスする誘発効果を持つ。

 《大嵐》と同等の効果を持つが、伏せカードの多い状況で特殊召喚しても《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》などを発動されると何もできないまま除去されてしまう。
 しかし、言い換えればそれらの除去をほぼ強制的に発動させる事ができるので、《コンタクト・アウト》チェンジの前に除去カードを消費させるといった役割が可能。

 エクストラデッキに戻るデメリットは全フィールドのカードデッキバウンスさせる効果を併せ持つ除去となった。
 対象を取らないデッキへのバウンスではあるが自分カードも巻き込んでしまう上に強制発動してしまう。
 《ネオスペース》《インスタント・ネオスペース》があれば相手エンドフェイズ発動して全体除去が可能だが、耐性の無いこのカードをそれまで生存させるのはやや難しい。
 相手フィールドにどうしても除去したいカードが無いのであれば自分ターン効果発動する前に《コンタクト・アウト》チェンジ速攻魔法を使い、回避したいところ。

 似たような運用で、《リビングデッドの呼び声》でこのカード相手ターンエンドフェイズ蘇生してバウンスする方法もあるが《ミラクル・コンタクト》から特殊召喚した場合は蘇生制限が満たされないので正規の手段でコンタクト融合する必要がある。

 《コンタクト・アウト》との相性は非常に良く、併用を前提とした運用をすべきだろう。
 上記にあるように除去エンドフェイズバウンスを回避できるだけでなく、《N・アクア・ドルフィン》《N・エア・ハミングバード》で更なる手札破壊回復ができる。
 《E・HERO エアー・ネオス》コンタクト融合し直して、安全に攻撃するのもいいだろう。

 通常のコンタクト融合ではフィールドに3体の融合素材が必要になるため、運用は《ミラクル・コンタクト》での特殊召喚を中心にすべきである。
 バウンス後の立て直しが素早く行えるよう、できるだけ特殊召喚に際してのカード消費は少なく抑えたい。

  • 2007年の夏に行われたアニメGX視聴者プレゼント企画の景品3種の1枚。
    ちなみに、この時紹介された画像とOCGの実物のイラストが異なる。
  • コンタクト融合時に十代は「3つの力が1つとなった時、はるか大宇宙の彼方から、最強の戦士を呼び覚ます!トリプルコンタクト融合!銀河の渦の中より現れよ!《E・HERO ストーム・ネオス》!」という口上を述べていた。
    アニメGXにこの様な召喚口上を述べるのは珍しい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《E・HERO ストーム・ネオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星9 風属性 戦士族 攻3000 守2500 E・HERO HERO ネオス 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可

広告