EM(エンタメイト)カード・ガードナー》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1000/守1000
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの守備力は、自分フィールドの全ての表側守備表示モンスターの元々の守備力を合計した数値になる。
【モンスター効果】
(1):このカードの守備力は、このカード以外の自分フィールドの「EM」モンスターの元々の守備力の合計分アップする。

 Vジャンプ(2016年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した地属性岩石族下級ペンデュラムモンスター
 自軍の表側守備表示モンスター守備力の合計をその内の1体の守備力にするペンデュラム効果、自身以外のEMモンスター元々の守備力を自身の守備力に加える効果を持つ。

 ペンデュラム効果守備表示モンスターを並べるデッキで意味を成す。
 守備表示のまま攻撃できる【超重武者】では強化カードとして使うことができ、モンスターカードでもあるため【フルモンスター】構築でも邪魔にならない。
 【アステカ】に採用するのも良いが、表側表示でなければならないため《バトルマニア》などの攻撃強要カードとの併用が求められる。

 モンスター効果は自身の守備力を上げるものであり、ペンデュラム召喚などで大量展開できたならば相応の守備力が期待できる。
 とは言え、このカード自身に効果耐性がないためとして過度な期待はしない方が良い。

 どちらの効果《EMヒックリカエル》《EMウィップ・バイパー》と相性が良い。
 守備力を高めた上で攻撃力と入れ替えることでアタッカーとしての動きも期待できる。
 デメリットのないペンデュラムスケール8のEMとして見ると他には《EMオッドアイズ・ユニコーン》が存在する。
 出張要員として使う際にこちらはペンデュラム効果発動機会が恵まれているが、あちらはオッドアイズサポートを受けられるため優劣をつけがたい。
 組み込む時はレベル種族の違いを意識したい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《EMカード・ガードナー》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 地属性 岩石族 攻1000 守1000 スケール8 EM

広告