EM(エンタメイト)トランプ・ウィッチ/Performapal Trump Witch》

ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 100/守 100
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した闇属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 フィールドモンスター融合素材として融合召喚するペンデュラム効果、自身をリリースして《融合》サーチサルベージする起動効果を持つ。

 モンスター効果は自身をリリースすることによる《融合》サーチサルベージであり、召喚権を使うことが多い。
 サーチだけなら召喚する必要がない《沼地の魔神王》や、サーチ後もフィールドに残る《E・HERO ブレイズマン》の方が扱いやすい。
 《ペンデュラム・リボーン》エクストラデッキから繰り返し利用することも可能だが、ペンデュラム効果をメインに据えた方がよいか。

 ペンデュラム効果融合召喚できるものの、フィールド上のモンスター限定であり手札融合もできない。
 同じく毎ターン利用できる《フュージョン・ゲート》と比較すると、あちらは1ターンに1度の制限がなく、手札融合も可能。
 一方で融合素材除外されず、自身がペンデュラムモンスターなのでペンデュラム召喚経由で融合素材を繰り返し用意できる強みもある。
 その際はペンデュラムスケールやや高めなので、他のペンデュラムモンスターとの組み合わせが重要となる。

 音響戦士では《音響戦士ギータス》と合せれば、《音響戦士マイクス》等のレベル5〜6のペンデュラム召喚が可能になる。
 更に《音響戦士ドラムス》《音響戦士ピアーノ》属性種族変更効果と併せることで、様々な融合モンスター融合召喚できる。

 自身は通常モンスターでは無いが、【ローレベル】でも《始祖竜ワイアーム》等の融合ギミックとして投入できる。
 特にペンデュラムモンスター《イグナイト・イーグル》《イグナイト・マグナム》《召喚師ライズベルト》を採用できる点で相性が良い。
 いずれもレベル3のモンスターであり、更に《イグナイト・イーグル》《召喚師ライズベルト》ペンデュラムスケールが2と低い。
 そのため、他のデッキでは持て余しやすいこのカードペンデュラムスケールも有効に活用できる。

 また、複数の通常モンスターを手軽に展開できる《トライワイトゾーン》を採用したデッキでも活用できるか。
 フィールドへの展開力に優れる【おジャマ】や、《ワンチャン!?》サーチを共有できる【ワイト】【もけもけ】で使うのも面白い。
 【おジャマ】【もけもけ】では専用の融合モンスターを、【ワイト】でも《冥界龍 ドラゴネクロ》《始祖竜ワイアーム》と使い分けられる。

  • 同作で遊矢が使用した通常魔法《EMペンデュラム・アート&クリーン》、通常罠《エンタメターン》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在し融合素材モンスター除外される場合でも、融合召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/11/15)


Tag: 《EMトランプ・ウィッチ》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 魔法使い族 攻100 守100 スケール4 EM

広告