EM(エンタメイト)ドラマチックシアター/Performapal Dramatic Theater》

フィールド魔法
(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分フィールドのモンスターの種族の種類×200アップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの
「EM」モンスターの種族が4種類の場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「オッドアイズ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 STARTER DECK(2016)で登場したフィールド魔法
 種族の数だけモンスター強化する効果EM種族が4種類の場合にオッドアイズ特殊召喚する効果を持つ。

 (1)の効果種族の数に応じた全体強化であり、様々な種族を採用し、展開できるデッキならば考慮できる。
 《稲荷火》などを採用した【魔法使い族】や、戦闘効果を発揮するカードを多く投入した【X−セイバー】等では3〜4種族を並べられ、メインデッキモンスターだけでも戦闘をこなせるようになる。
 もちろん【EM】では多様な種族ペンデュラム召喚で展開できるため、この効果で800〜1000ポイントの全体強化も可能である。

 (2)の効果【EM】で大量展開できた場合にのみ発動可能なもの。
 元々【EM】種族がばらけやすいため、構築さえある程度意識しておけば発動機会は比較的作りやすい。
 特殊召喚するオッドアイズは、効果の相性が良い《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》がメインとなるだろう。
 しかし、ペンデュラムモンスター故にエクストラデッキに送られるとこのカード特殊召喚できなくなる。
 デッキとのシナジー自体はあまりないが、除去効果を持つ《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》を使うのも手か。
 こちらはペンデュラムモンスターではないため1枚を使いまわすことも容易である。
 なお、EMにもオッドアイズは存在するが、いずれも戦闘向きでは無いため特殊召喚しても旨みは少ない。
 蘇生も行えるため《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》等が墓地へ落ちた時に使うのも良い。
 《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》はそれぞれ特殊召喚時に効果を持っているため、勝負を決めやすくなるだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《EMドラマチックシアター》 魔法 フィールド魔法 EM

広告