EM(エンタメイト)ハンマーマンモ/Performapal Elephammer》

効果モンスター
星6/地属性/獣族/攻2600/守1800
(1):自分フィールドに「EM」カードが2枚以上存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):自分フィールドに他の「EM」カードが存在しない場合、
このカードは攻撃できない。
(3):このカードの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した地属性獣族上級モンスター
 EMカードが2枚以上存在する場合にリリースなしで召喚できるルール効果EMが存在しない場合攻撃できない永続効果攻撃宣言時に魔法・罠カードバウンスする誘発効果を持つ。

 メインデッキに入るEMの中では最も攻撃力が高く、《EMリバイバル》《イリュージョン・バルーン》で積極的に特殊召喚を狙うとよい。
 《EMピンチヘルパー》特殊召喚すれば攻撃力2600未満の攻撃を防げ、(2)のデメリットも無視できる。

 (1)の効果により、上級モンスターでありながら下級モンスターのように扱える。
 EMカード魔法・罠カードでもよく、ペンデュラムゾーンEM置いたり《EMピンチヘルパー》EMリクルートした後ならば条件を満たすのは容易。
 この場合(2)の攻撃制限条件もクリアしやすく、《EMシルバー・クロウ》なども併用すれば破格のアタッカーとして機能する。
 《EMドラマチックシアター》も相性が良く、デメリットを無視しつつ2800打点として機能する。

 (3)の効果により、魔法・罠カードバウンスができるが、大抵のカードはこのカード召喚攻撃宣言時に使用されることが多い。
 バウンスしてもすぐに次のターンに再利用されるため、この効果はおまけに近く、高いステータスを活かした運用をすることになる。
 一応、自身の効果通常召喚が可能なため、《虚無空間》モンスター効果特殊召喚が封じられた場合も、このカードロックを解除するといったことが可能な場合もある。

  • 英語名は「エレファント」と「ハンマー」を掛けている。
  • 召喚時の口上は「EMの重鎮。地響きとともにただいま降臨!」。
  • ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vs権現坂」戦において遊矢が使用。
    権現坂に直接攻撃を決めた。
    攻撃時は権現坂をハンマーで潰した後、権現坂がモグラ叩きのように地上に出てきた所をさらに26回まで叩きその度に100ダメージを与えるという変わった演出がなされた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《EMハンマーマンモ》 モンスター 星6 地属性 獣族 効果モンスター 攻2600 守1800 EM

広告