Kozmo(コズモ)−ドッグファイター/Kozmo DOG Fighter》

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2000/守2400
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
自分フィールドに「ドッグファイタートークン」(機械族・闇・星6・攻2000/守2400)1体を特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル5以下の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2016で登場した闇属性機械族上級モンスター
 スタンバイフェイズドッグファイタートークン特殊召喚できる誘発効果機械族Kozmo共通の誘発効果を持つ。

 (2)のリクルート効果については《Kozmo−フォアランナー》を参照。

 固有の効果として自身と同じステータストークンを生成する能力を持つ。
 お互いターントークンが生成されるため、次の自分ターンには2体分のトークンを利用できる。
 モンスタートークンとしては元々のステータスが高く、《暴走闘君》《リミッター解除》と併用すれば優秀な戦闘要員になるだろう。
 しかし特殊召喚のタイミングがスタンバイフェイズと遅く、戦闘アドバンス召喚リリースに使うには時間が掛かる。
 《闇の閃光》《魔のデッキ破壊ウイルス》のようなカード相手ターンコストとしても利用できるようにしておきたい。

 Kozmoデッキならば下級Kozmo特殊召喚効果を使いスタンバイフェイズ前にこのカードフィールドへ出すこともできるので、トークンの生成自体は難しくない。
 だがKozmoではモンスタートークンを求める場面に乏しく、このカードを有効活用しにくいのが現状である。

  • TCG公式ブログでは一体ではほぼ無害だが、一度見つかればパイロットに増援を呼ばれてしまい厄介な相手になる事、小型で小回りが効くため攻撃を当てにくい反面、大型レーザー砲や大気圏突入用のシールドを装備できない事などが説明されている。
    また、搭乗しているのは《Kozmo−シーミウズ》らしい。
    • イラストにもあるように物量作戦をとる事、極めて軽装の機体である事から、元ネタは映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する帝国軍の主力宇宙戦闘機「TIEファイター」だろう。
      デザインとしては同作品の「ヴァルチャー・ドロイド」も参考にしていると思われる。

関連カード

―《Kozmo−ドッグファイター》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《Kozmo−ドッグファイター》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 機械族 攻2000 守2400 Kozmo

広告