LAN(ラン)フォリンクス/LANphorhynchus》

リンクモンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
モンスター2体

 ストラクチャーデッキ−パワーコード・リンク−で登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 同時に登場した《トラフィックゴースト》と同じく、《電影の騎士ガイアセイバー》以来の効果モンスター以外のモンスターであるリンクモンスターである。

 光属性なので、《フォトン・サンクチュアリ》からそのままトークン2体をリンク素材リンク召喚でき、リンク先2か所を確保できる。
 もっとも【光属性】の場合は光属性強化できる《ハイパースター》の方が優先される。

 リンクマーカーが右下・左下にあるリンク2の中では縛りデメリットが存在せず、リンク先確保だけで言えば《リンクルベル》上位互換となる。
 反面、メリットになる効果もないのでリンク先確保以外の能力はなく、種族属性が統一されたデッキでは他のリンク2が優先されるだろう。
 リンク素材リンクマーカーが共通で、条件を満たせば効果を扱える《魔界の警邏課デスポリス》や、トークンリンク素材にできないが、攻撃力の高い《PSYフレームロード・Λ》も存在する。

 このカードを採用する場合、効果モンスター以外のモンスターリンクモンスターであることを活かしたい。
 【天威】ではリンク2は基本的に効果モンスター《天威の龍仙女》が優先され、メインデッキ天威トリガーリンク1の《天威の拳僧》で間に合うが、《精神操作》《大捕り物》で奪ったモンスターを処理しつつ、天威のトリガーを維持できるのは他にない利点であり、構築によっては採用も視野に入る。

 攻撃力は低く、大きな戦闘ダメージを受ける可能性はあるが、自身をリンク素材《セキュア・ガードナー》リンク召喚すればその点はカバーできる。
 もっとも、この方法ではリンク先は減るため、展開を終えたメインフェイズ2に行いたい。

  • カード名は、「建物ないし区画一つサイズのコンピュータネットワーク」を意味する「LAN/Local Area Network」と「ランフォリンクス」の掛け言葉だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《LANフォリンクス》 モンスター リンクモンスター リンク2 光属性 サイバース族 攻1200

広告