(ネオスペーシアン)・グラン・モール/Neo-Spacian Grand Mole》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 900/守 300
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。

 STRIKE OF NEOSで登場した地属性岩石族下級モンスター
 ネオスペーシアンの1体であり、自身と相手モンスターバウンスする任意発動誘発効果を持つ。

 《E・HERO ネオス》コンタクト融合する事で《E・HERO グラン・ネオス》となる。

 攻撃宣言するだけで、相手モンスターバウンスできる。
 この効果は「対象をとる(指定する)効果」ではなく、近年増えている対象にとれないモンスター除去できるのは強みである。
 ダメージ計算前にバウンスするため、リバースした場合の効果発動されず、破壊された場合の効果を持つモンスター除去としても有用。

 自身もバウンスされるので繰り返し使用できる。
 その特性上、相手ターンには手札戻っていることが多く、スピリット同様に相手ターン除去にも強い。
 コストも必要ないバウンスなので、《マインドクラッシュ》等のハンデスカードとも相性が良い。
 ネオスペーシアンであるため、《クロス・ポーター》サーチ可能であり、《コンバート・コンタクト》墓地へ送る事もできる。

 繰り返し使用するためには、このカード自身を何らかの方法で毎ターン手札からフィールドに出す必要がある。
 エース級モンスターが高速で複数展開される現環境では、召喚権を消費してこのカード通常召喚する程度では力不足である事も多い。
 ペンデュラム召喚を用いれば、召喚権を使う事なく毎ターンフィールドに出せるようになる。
 また、《サイバー・ドラゴン》などの自力で特殊召喚できるモンスターとの相性も良い。
 《フォトン・スラッシャー》も《N・グラン・モール》で相手モンスターと自身をバウンスする事で攻撃が可能になるので、《サイバー・ドラゴン》と同じような動きができる。
 《H・C 強襲のハルベルト》効果同名カードサーチできるので、例え相手ターン《H・C 強襲のハルベルト》破壊されたとしても自分ターンに再び同様の動きができる。
 もう一つの欠点として、《E・HERO エアーマン》のように召喚に成功した時にモンスター効果発動するモンスターには、バウンスすることで効果を再利用される事もある。
 任意効果である事を活かし、あえて発動させずに破壊される事も時には必要である。

 【コンタクト融合】のみならず、【岩石族】では種族サポートカードを共有できるようになるので、活躍できる場面が増える。
 自身の効果手札戻った後は、情報アドバンテージの損失なくコアキメイルの維持に使用できる。
 召喚権が余りがちでバウンスによる再利用を狙う事の出来る【壊獣】での採用率も高い。

  • 「モール(mole)」とは「モグラ」の意味。
    グラン・ールと「モグラ」を散りばめた面白味のあるネーミングである。
    「グラン(grand)」は「大きな、壮大な」であり、訳すと「オオモグラ」だろうか。
    「地面(ground)」とかけているのかもしれない。
  • 初登場時は小動物らしい声でかわいらしく鳴いていて言葉を発してはいなかったが、再登場した際はだみ声になっており、十代と会話していた。

関連カード

ダメージ計算

戦闘を介したバウンス

自分相手モンスターを1体ずつバウンス

―《N・グラン・モール》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:表側守備表示のこのカード戦闘を行った場合、このカード手札戻すことはできますか?
A:はい。表側表示なら表示形式に関係なく効果を使うことができます。

Q:裏側守備表示のこのカード戦闘を行う場合、効果発動できますか?
A:できません。効果発動するべきタイミングを通り過ぎた後で表側表示となるからです。

Q:貫通効果の場合もダメージ計算は行いませんか?
A:はい、効果発動するとダメージ計算を行わないので、ダメージステップに発生する貫通効果は不適用になります。

Q:裏側守備表示モンスター攻撃した場合はリバース発動しますか?
  また、相手モンスター確認してから効果発動するか決定できますか?
A:いいえ、発動しません。また、相手モンスター確認はできません。裏側表示のままバウンスします。
  リバース効果モンスターではなく《異次元の戦士》だったとしても、効果発動しません。

Q:表側表示の《N・グラン・モール》と《一撃必殺侍》戦闘した場合、どのような処理になりますか?
A:お互いの攻守にかかわらず、「1:《一撃必殺侍》強制効果」、「2:《N・グラン・モール》の任意効果」の順番にチェーンを組んで処理します。
  結果として《N・グラン・モール》の効果お互い手札戻り、その後コイントスの如何に関わらず《N・グラン・モール》は破壊されません。

Q:攻撃力守備力ともに500以上の《光と闇の竜》攻撃した場合、どうなりますか?
A:このカードの効果は、戦闘開始時に1回だけ発動します。
  つまり、《光と闇の竜》が1回だけ無効効果発動および処理(攻撃力守備力を500ポイント下げる)した後に通常通りダメージ計算へと移ります。

Q:チェーンの結果、効果解決時にこのモンスターフィールドを離れました。
  攻撃を行ったモンスターがまだフィールドにいる場合、そのモンスターだけを手札戻しますか
A:手札戻ります。(12/03/24)

Q:《N・グラン・モール》の効果発動し、効果解決時相手モンスターフィールドに存在しない場合、《N・グラン・モール》は手札戻りますか
A:手札戻ります。(12/03/24)


Tag: 《N・グラン・モール》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 岩石族 攻900 守300

広告