NEX(ネオスペーシアンエクステント)/NEX》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を墓地へ送り、
墓地へ送ったカードと同名カード扱いのレベル4モンスター1体を
融合デッキから特殊召喚する。

 ※テキスト中の「融合デッキ」は「エクストラデッキ」を指す。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常魔法
 フィールド上のネオスペーシアン1体を墓地へ送り、同名カード扱いの融合モンスターネオスペーシアンエクストラデッキから特殊召喚する。

 ネオスペーシアンを、上位種ネオスペーシアン融合モンスターに進化させるカードである。
 ただし、対応するネオスペーシアン《N・マリン・ドルフィン》《N・ティンクル・モス》しかいないため、その2体を使う場合のみ採用される。
 《N・ティンクル・モス》は毎ターンドローエンジンとして利用でき、《N・マリン・ドルフィン》ハンデス効果を使った後に、コンタクト融合体の《E・HERO マリン・ネオス》でさらにハンデスにつなげられる。
 詳しい使い方は各カードのページを参照。

 特殊召喚先の融合モンスターネオスペーシアン墓地へ送る元のネオスペーシアン同名カード扱いなので、デッキには合計3枚までしか入れられない。
 このカードを安定して発動させるため、基本的には特殊召喚元2枚:特殊召喚先1枚で投入することになるだろう。
 ただし、特殊召喚先の融合モンスターネオスペーシアン蘇生できないので、この場合は複数回の特殊召喚が難しくなる。
 特殊召喚先の融合モンスターネオスペーシアンを重視したいならば、墓地へ送るためのネオスペーシアンフィールドに出しやすいので1枚に抑え、特殊召喚先の融合モンスターネオスペーシアンを2枚投入することも考えられる。

  • このカードの場合、ルビはNEX(ネオスペーシアンエクステント)と、「ネオスペーシアンエクステント」が「NEX」全体に振られている。
    (ネオスペーシアン)と、EX(エクステント)に分割することはできないという解釈なのかもしれないが、そうすると今度は「E・HERO(エレメンタルヒーロー)」と齟齬が生じる。
    (ルビが全体にかかっており、「E・(エレメンタル)」と「HERO(ヒーロー)」に分割されている訳ではないが「HERO(ヒーロー)」に含まれる)
  • 「エクステント(Extent)」とはコンピュータ用語で記憶領域のまとまった部分のことを指すが、専門的な単語でこのカード効果との関連性も見当たらない。
    「拡張」を表す英単語「エクステンド(Extend)」の誤植か、「エクステンション(Extension)」を無理やり動詞にしたと推測されるが、海外では「NEX」とだけしか表記されておらず、詳細は不明である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:「ネオスペーシアンカードとして扱いますか?
A:扱いません。(17/11/09)

Q:墓地へ送るのはコストですか?効果ですか?
A:効果です。(07/05/17)

Q:《E・HERO プリズマー》などで《N・アクア・ドルフィン》同名カード扱いのモンスター墓地へ送って《N・マリン・ドルフィン》特殊召喚できますか?
A:墓地へ送る事は可能ですが、墓地へ送られた時点で同名カードとして扱われなくなるので特殊召喚できません。(17/11/09)


Tag: 《NEX》 魔法 通常魔法

広告