No.(ナンバーズ)28 タイタニック・モス/Number 28: Titanic Moth》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/炎属性/昆虫族/攻2400/守2200
レベル7モンスター×2
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手の手札の数×500ダメージを相手に与える。

 PREMIUM PACK 19で登場した炎属性昆虫族エクシーズモンスター
 特定条件で直接攻撃できる永続効果戦闘ダメージを与えた時に相手手札に応じてダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)は自分フィールドモンスターがこのカードのみの場合に直接攻撃ができる効果
 ランク7を出す過程でモンスターが減ることは多く、条件を満たすのは難しくない。
 しかし、戦闘ダメージは半減してしまうため、(2)の効果との併用が前提となる。
 エクシーズ素材がない時にも使えるが、どちらにせよステータスが心もとないこのモンスターだけという状況はあまり好ましくない。

 (2)は追加ダメージを発生させる効果
 元々の攻撃力ランク7の割には低いのが難点。
 (1)の直接攻撃と合わせるか、他のモンスターと組み合わせて発動を狙うことになるだろう。
 相手依存なのでダメージ量が安定しないのが難点ではあるが、手札2枚でも(1)の効果と合わせれば2200ダメージとまずまずの数値となる。
 相手《増殖するG》発動してくれれば儲けものであり、このカードを出す過程で増えた手札を逆利用して強烈なバーンをお見舞いできる。

 攻撃力の低さや耐性が無い点を考慮すると、基本的にはランク7の引導火力として使うのが良いだろう。
 ただし、同ランクには耐性ステータスで優れており継続的なバーンを与える《真紅眼の鋼炎竜》も存在する。
 汎用性では劣るものの、状況さえ整えばこのカード単独でも3000以上のダメージを与えられるのでフィニッシャー役として採用する意味はある。

  • イラストでは、左腹部に自身のナンバーである「28」が描かれている。
  • カイトの手に渡る際には攻撃力が2800と誤植されている。
    何故か単行本でも修正されていないが、このカードNo.のナンバーと混合したのだろうか?
    また、守備力は1900となっていたが、「カイトvsハルト」戦では守備力がわかる描写がなかったので、こちらは誤植なのかOCGで変更されたのか不明である。
  • 元々は「e・ラー」が八雲に渡した8枚の白紙のNo.の1枚である。
    このカードは八雲からハルトの手に渡され、「カイトvsハルト」戦にてハルトの意志により白紙の状態から開眼されている。
  • 「カイトvsハルト」戦では演出として兄弟にとって思い出の花畑のARビジョンが用意されていたのだが、このカード攻撃によって燃やされている。
    八雲に操られたハルトがカイトとの思い出を踏みにじっている描写にもなっており、カイトはショックを受けていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカードが(1)の効果直接攻撃するダメージ計算前《禁じられた聖杯》発動された場合、その直接攻撃相手に与える戦闘ダメージは半分になりますか?
A:相手に与える戦闘ダメージは半分にはなりません。(17/06/25)


Tag: 《No.28 タイタニック・モス》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク7 炎属性 昆虫族 攻2400 守2200 No.

広告