No.(ナンバーズ)34 電算機獣(でんさんきじゅう)テラ・バイト/Number 34: Terror-Byte》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/闇属性/機械族/攻   0/守2900
レベル3モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する
レベル4以下のモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターのコントロールをエンドフェイズ時まで得る。

 GENERATION FORCEで登場した闇属性機械族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材コストコントロール奪取を行う起動効果を持つ。

 レベル3のモンスターを3体も必要としており、召喚するのに手間がかかる。
 召喚方法としては《機械複製術》《地獄の暴走召喚》で素材を揃える事が考えられる。
 また、《バグマンX》《バグマンY》《バグマンZ》及びそれらのリクルートが可能な《魔界発現世行きデスガイド》を使って揃える事もできる。
 《水精鱗−アビスディーネ》や、《浮上》モンスター蘇生させてエクシーズ素材にする事もできる。

 守備力が高いため、最上級モンスターでも戦闘破壊はなかなか難しい。
 反面、攻撃力は0なので表示形式の変更には弱く、機械族の宿命である《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》も天敵である。
 高い守備力を利用して、《スーパーバグマン》《反転世界》等で攻撃力に変える事ができる。

 コントロール奪取自体は強力な効果であるが、表側攻撃表示レベル4以下に限定されている。
 相手下級モンスターを使用した場合は裏側守備表示エクシーズ素材になるなどし、フィールド攻撃表示で残っている可能性は低い。
 こちらが攻撃されている場合はエクシーズ召喚自体が難しいため、コントロール奪取は難しい。

 一応、《デビリアン・ソング》《波動共鳴》で高レベルモンスターを奪う事は可能。
 だが仮に奪えたとしてもエンドフェイズ時にコントロールが戻ってしまう。
 このカードを出す時点で召喚権を使っている場合が多いため、奪ったモンスターの活用も少々難しい。
 使う場合は、《リバイバル・ギフト》《ブラック・ガーデン》《ボーン・テンプル・ブロック》等、相手フィールド上にもモンスター特殊召喚させるカードも併用したい。
 相手に依存することなく効果を使えるようになり、トークン同士の相打ちでも処理が可能になる。

 このカードより素材の数が少ない他のランク3には優秀なモンスターも多く、大抵はそれらのモンスターでカバーできる。
 他よりも出しづらく、効果も活かしにくいこのカードが他よりも優先されるかは怪しいところである。

  • 「電算機」とはコンピューターの日本語である「電子計算機」の略称である。
    「バイト(byte)」は、コンピュータにおける情報量の単位で、カード名の「テラバイト(terabyte)」は約一兆バイトを表す。
    また、英語名を見る限り恐怖を意味する「terror」ともかけているようだ。
  • イラストでは、右端のプレートに自身のナンバーである「34」が書かれている。
    他のNo.とは「3」の字体が異なっている。
  • OCGではアニメと比べて、No.共通効果を除いて同じ内容になっている。
  • 次回予告ではレベル3・守備力2800となっていたが、本放送時には修正された。
  • アストラルが得たこのカードの記憶の内容は「アストラルはアストラル世界からやって来た」というものだった。
  • 漫画ZEXALの21話では、このカードと同じ数字がNo.の説明で登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:コントロール相手に戻る際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/04/17)

Q:効果解決時対象に選択した相手モンスター裏側表示になった場合でも、コントロールを移す効果適用されますか?
A:はい、適用され、そのモンスターコントロールエンドフェイズ時に戻ります。(11/04/17)

広告