No.(ナンバーズ)55 ゴゴゴゴライアス/Number 55: Gogogo Goliath》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/岩石族/攻2400/守1200
レベル4モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地から岩石族・地属性・レベル4モンスター1体を選択して手札に加える。
「No.55 ゴゴゴゴライアス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の全てのモンスターの守備力は800ポイントアップする。

 PRIMAL ORIGINで登場した地属性岩石族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除くことで岩石族地属性レベル4のモンスターサルベージする起動効果守備力を800ポイント強化する永続効果を持つ。

 前半の効果は、岩石族地属性レベルモンスターサルベージする効果
 だが、同じランク4には、岩石族レベル属性問わずサーチできる《御影志士》が存在している。
 サーチサルベージという違いこそあるが、サルベージしたいカード同名カードデッキにあれば、そちらをサーチした方が墓地アドバンテージデッキ圧縮の点で優れる。
 属性種族、素材指定も同じなので、この効果のみを使うならば《御影志士》下位互換に近い。
 一応、攻撃力は100上回っている。

 後半の効果は、自身がフィールドに存在する限り守備力全体強化する効果
 強化値は800と高く、岩石族に多い守備力2000ラインのカードを2800まで強化できる。
 ただ、このカード自身は攻撃力2400・守備力強化分を合わせても2000と、さほど打たれ強くないのが欠点。
 反転召喚や、リバースによる効果を活用するデッキへの採用も考えられる。
 幸いにも、リバースデッキサポートカードには《タックルセイダー》《先史遺産コロッサル・ヘッド》《岩投げエリア》等、このカードと相性の良いものが多い。
 なおゴゴゴ守備力が高いモンスターが少ないので、相性はいまいちである。

 単体では《御影志士》に見劣りする面が強いが、No.ゴゴゴの名を持っているのが特徴。
 《ゴゴゴジャイアント》蘇生したり、《ゴゴゴギガース》《ドドドドワーフ−GG》自己再生トリガーにできる他、《ゴゴゴゴーレム−GF》リリースにも使える。
 《ゴゴゴゴーレム−GF》サルベージ対象でもあるので、このカードをそのまま攻撃力4800の《ゴゴゴゴーレム−GF》に変換するということも可能である。
 《ドドドドワーフ−GG》エクシーズ素材にすることでデメリットを消すことができ、なおかつコスト墓地へ送ることでこのカードの存在から自己再生ができる。
 サルベージしたモンスター《ギガンテス》ならばさらに次のモンスターに繋げることが可能。

  • イラストでは、腹部中央に自身のナンバーである「55」が描かれている。
  • 自身の数字「55」の由来は「ゴゴゴ」か。
    「ご」の発音が多いゴゴゴの中でも特に発音回数が多くなっている。
  • ゴライアス(Goliath)(ゴリアテとも)とは、旧約聖書に登場する巨人の兵士の名である。
    「ゴライアスガエル」や「ゴライアスバードイーター」ら生物の名前等に巨大を意味する言葉として名を残している。

関連カード

地属性・岩石族のレベル4モンスター

先史遺産

コアキメイル

ゴゴゴ

ジェム

マグネット・ウォリアー

―その他

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《H・C エクストラ・ソード》《アステル・ドローン》エクシーズ素材として《No.55 ゴゴゴゴライアス》をエクシーズ召喚しました。
  「《No.55 ゴゴゴゴライアス》の効果1ターンに1度しか使用できない。」とありますが、《H・C エクストラ・ソード》《アステル・ドローン》それぞれから得た効果と《No.55 ゴゴゴゴライアス》が元々持っているサルベージ効果をこのターンに全て使用することはできますか?
A:《H・C エクストラ・ソード》《アステル・ドローン》の『●』は、《No.55 ゴゴゴゴライアス》が本来持っている効果ではありません。
  したがって、《H・C エクストラ・ソード》《アステル・ドローン》から得た『●』の効果発動する事はできますし、《No.55 ゴゴゴゴライアス》自身の効果発動する事ができます。(14/10/27)


Tag: 《No.55 ゴゴゴゴライアス》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 地属性 岩石族 攻2400 守1200 No. ゴゴゴ

広告