SR(スピードロイド)パッシングライダー/Speedroid Passinglider》

ペンデュラム・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻2200/守2000
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「スピードロイド」チューナー1体を墓地へ送って発動できる。
ターン終了時まで、墓地へ送ったそのモンスターの元々のレベル分だけ
このカードのPスケールを上げる、または下げる(最小1まで)。 
【モンスター効果】
「SRパッシングライダー」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):お互いのフィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。 
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「スピードロイド」モンスターを攻撃対象に選択できない。

 Vジャンプ(2016年12月号) 付属カードで登場した風属性機械族上級ペンデュラムモンスター
 墓地へ送ったスピードロイドチューナーレベルペンデュラムスケールを変更するペンデュラム効果、自身を特殊召喚する効果アドバンス召喚に成功した時に下級スピードロイド蘇生する効果、他のスピードロイド攻撃対象にできなくする効果を持つ。

 ペンデュラム効果ペンデュラムスケールを変更する効果
 スピードロイドチューナーは現状レベルが1〜3しかいないため、変更後のスケールは最小で1、最大で6と幅が狭い。
 スピードロイドチューナー手札から特殊召喚する手段が少なく、墓地から特殊召喚する手段が多いため、手札から墓地へ送る手段としての活用は考えられるが、《SRドミノバタフライ》ならチューナー以外でも良く、除外されたカードの回収も可能。
 【スピードロイド】では自身の効果特殊召喚できるモンスター召喚時に発動する効果を持つモンスターが多く、有用なスピードロイドモンスターレベル3以下に多いため、このカードを利用したペンデュラム召喚に頼る必要はあまりない。
 手札コストにできるカードが限定されている関係上、少数のスピードロイドを他に出張するデッキでもこの効果を活かしづらく、手札コストのあるペンデュラム効果を持つモンスターでも良い。

 (1)のモンスター効果は自身を特殊召喚する効果
 《SRベイゴマックス》を除けば、非チューナー特殊召喚するには何かしらの条件が必要なスピードロイドでは先攻ターン目にシンクロ召喚に繋げやすくはなる。
 ただし、自分フィールドだけでなく相手フィールドモンスターが存在しないことを条件とするため、先攻ターン目以外では使いづらい。
 また、特殊召喚効果を持つ《SRベイゴマックス》と条件が被っており、優先して特殊召喚はしにくい。
 この効果先攻ターン目か、全体除去からの立て直し時などに狙い、基本的には特殊召喚が容易なスピードロイドを併用し、(2)の効果を狙ってアドバンス召喚をした方が良いか。

 (2)のモンスター効果アドバンス召喚成功時、墓地スピードロイド1体を特殊召喚する効果
 リリースしたのがスピードロイドならそのモンスター蘇生することで実質的にリリースなしで召喚できることになる。
 ただ、単に釣り上げたいならば、下級モンスター《SRダブルヨーヨー》の方が使いやすい場合が多い。
 勝る点は、レベル5なのでレベル3のスピードロイドチューナー蘇生すればそのままレベル8のシンクロ召喚ができる点、レベル4のスピードロイド蘇生できる点である。
 前者は3枚消費してレベル8のシンクロ召喚をすることになるので、適当なモンスター特殊召喚してから《SRダブルヨーヨー》召喚し、《SR赤目のダイス》蘇生してレベルを操作すれば大抵は事足りる。
 後者は《SRパチンゴーカート》《SRシェイブー・メラン》蘇生できるので、それらの効果を使いそのまま戦闘をこなすことが考えられる。
 だが大量展開に絡み難いそれらがスピードロイドで使われることは少なく、他のレベルモンスター特殊召喚すると効果が使えないのであまりメリットとはならない。

 (3)は他のスピードロイドモンスター攻撃対象にできなくする効果
 このカード自体はそこまでステータスが高いわけでもないため、簡単に突破されやすく、あくまでオマケと思った方が良い。
 一応、このモンスターを2体、自分フィールド表側表示で並べれば、相手攻撃をある程度封じることもできる。
 ペンデュラム召喚を扱うデッキに複数枚このカードを入れているならできる機会もあるだろう。

 【スピードロイド】は基本的にペンデュラム召喚せず、墓地活用が重要なデッキのため、墓地に送られないこのカードとの相性は悪い。
 ペンデュラムモンスターを併用する【音響SR】ペンデュラム召喚によりシンクロ素材として活用できるかという程度である。
 また、《SRベイゴマックス》特殊召喚からサーチし、即座にアドバンス召喚できるため、【帝王】であれば《帝王の開岩》トリガーになる。
 《帝王の開岩》《天帝アイテール》サーチし、自身の効果《SRベイゴマックス》蘇生して《天帝アイテール》リリース要員を工面するといった動きが可能。
 《SRベイゴマックス》を経由せず手札に来てしまった場合も、状況にもよるが(1)の効果特殊召喚してリリースの確保に使える。
 ただしこのカードペンデュラムモンスターであるため、エクストラデッキが0枚であることを要求する帝王とはアンチシナジーとなる。

  • 名前は「パッシング」+「グライダー」か。
    パッシングとは、乗り物のライトをハイビームに切り替えることで合図を送る行為を指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《SRパッシングライダー》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星5 風属性 機械族 攻2200 守2000 スケール3 スピードロイド ロイド

広告