SR(スピードロイド)メンコート/Speedroid Menko》

効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻 100/守2000
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚し、
相手フィールドの表側表示モンスターを全て守備表示にする。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した風属性機械族下級モンスター
 相手直接攻撃宣言時に自身を手札から特殊召喚し、相手モンスターを全て守備表示に変更する誘発効果を持つ。

 モンスターを全て守備表示にする事で相手からの攻撃を防げる。
 類似効果を持つ《バトルフェーダー》と比較すると、リンクモンスター超重武者を防げず、追加で特殊召喚するといった方法での抜け穴もあるため、防御面では一歩劣るものの、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を返しのターンで処理できたりとこちらならではの利点もある。

 また、レベル4の機械族なので《ギアギガント X》エクシーズ素材にでき、そちらの効果サーチサルベージして相手攻撃に対して備えられる。
 他にも、《デブリ・ドラゴン》蘇生して《電光千鳥》に繋げたり、レベルの高さ故にシンクロ素材エクシーズ素材に使いやすく、《機械複製術》で展開したりと出来る事は多い。
 さらに、スピードロイドでもあるため、《SR赤目のダイス》レベル変更に加えて、《SRベイゴマックス》でのサーチ《スピードリバース》でのサルベージも可能。

 《断頭台の惨劇》を併用すれば、相手モンスターを全て破壊できる。
 また【スパイダー】では、スパイダーモンスターモンスター効果をサポートできる。
 ただし《マザー・スパイダー》は、その効果の条件からこのカード墓地に存在すると使用できなくなるため、相性はあまり良くない。
 一応、《ヒドゥン・ショット》等でこのカード除外し、墓地昆虫族だけにできれば効果使用できるようになる。

 変わりどころでは【妖仙獣】も面白い。
 相手ターンの薄い防御をこのカードで守り、返しの自分ターンでこのカードから《妖仙獣 凶旋嵐》アドバンス召喚すれば、《No.21 氷結のレディ・ジャスティス》エクシーズ召喚守備表示になった相手モンスターを殲滅できる。

 以上のように高い汎用性を持つため、【スピードロイド】以外でもレベルモンスター機械族を主体としたデッキを中心に幅広いデッキで採用を検討できる。

  • 「めんこ」とは、厚紙を加工したカードを用いる遊びである。
    相手のめんこに自分のめんこを叩きつけて裏返す遊び方が一般的で、このカード表示形式を変更する効果はそれに由来すると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

 Q:《スキルドレイン》が存在する場合、相手モンスター守備表示にする効果無効になりますか?
 A:特殊召喚効果と同じ一連の処理なので、《スキルドレイン》によって無効にはなりません。(15/08/24)


Tag: 《SRメンコート》 モンスター 効果モンスター 星4 風属性 機械族 攻100 守2000 スピードロイド ロイド

広告