Sin(シン) World(ワールド)/Malefic World》

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに発動する事ができる。
自分のデッキから「Sin」と名のついたカード3枚を選択し、
相手はその中からランダムに1枚選択する。
相手が選択したカード1枚を自分の手札に加え、
残りのカードをデッキに戻してシャッフルする。

 遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜 MOVIE PACKで登場したフィールド魔法
 通常のドローの代わりにSinサーチする効果を持つ。

 手札事故を起こしやすいSinにとって、サーチ効果を持っているのはありがたい。
 手札加えるのがランダムだが、同名カードを3枚選択すれば確実に手に入る。
 また、サーチできるのは「Sin」と名のついた「カード」なので、魔法・罠カードサーチ可能。
 《Sin Selector》《Sin Territory》とは相互サーチが可能な関係にある。

 しかしSinモンスターはその性質上、《Sin Territory》を踏まえても手札にかさばりやすい。
 効果の発動を控えたり、他のフィールド魔法発動した方が良い場合もある。
 また効果発動するタイミングがドローフェイズであるため、カードの効果使用できず破壊される事もありうる。
 さらに、効果の発動チェーンされて破壊されるとそのターン通常のドローも行えない為、注意が必要である。
 特に【Sin】においては展開の基点となるカードなので、十分に守れるようにしておきたい。

 なお、《Sin パラドクス・ドラゴン》の維持条件にも指定されている。
 しかし、《神縛りの塚》による耐性付与でも同様の結果が得られる上に、あちらにはバーン効果も付いている。
 こちらは上述した《Sin Selector》サーチできる点や、《Sin Territory》デッキから発動できるメリットがある。
 両方合わせて採用し6枚体制にするのも手か。

  • 原作・アニメにおいて―
    劇場版『遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜』における「遊戯&十代&遊星vsパラドックス」戦にてパラドックスが使用。
    劇中においてパラドックスは発動時にカード名の頭に「罪深き世界」と付けて呼んでいた。

関連カード

―《Sin World》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果相手使用できますか?
A:いいえ、使用できるのはこのカードコントローラーだけになります。(17/09/14)

Q:このカードの効果自分ドローフェイズに必ず発動するのですか?
A:いいえ、効果の発動任意です。(11/02/28)

Q:デッキから選んだカード相手確認させるのはいつですか?
A:相手ランダムに選ぶ前に選択したSinカード3枚を確認させ、その後にランダムに選ばれたカードデッキ戻すカード公開する必要はありません。(11/02/26)

Q:《ライオウ》が存在する場合、このカードの効果発動できますか?
A:できません。(11/02/26)

Q:効果発動しこの効果チェーンされ、《ライオウ》特殊召喚された場合、どのような処理になりますか?
A:相手が選択したカード墓地へ送られ、残りのカードデッキ戻しシャッフルします。(11/02/26)

Q:このカードの効果発動チェーンされ、何らかの効果によって《Sin World》が破壊された場合、どのような処理になりますか?また、通常のドローはできますか?
A:相手が選択したカード手札に加える処理も、通常のドローも行うことはできません。(17/09/14)

Q:効果処理時自分デッキに存在するSinカードが3枚未満となった場合、残りのSinカードを選択して、ランダム手札加える処理は行われますか?
A:いいえ、効果適用されずその処理は行われません。(11/02/26)


Tag: 《Sin World》 魔法 フィールド魔法 Sin

広告