TG(テックジーナス) ハルバード・キャノン/T.G. Halberd Cannon》

シンクロ・効果モンスター
星12/地属性/機械族/攻4000/守4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた時、
自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。 

 EXTREME VICTORYで登場した地属性機械族シンクロモンスター
 シンクロ召喚でしか特殊召喚できず、召喚反転召喚条件による特殊召喚無効にして破壊できる誘発即時効果墓地へ送られた時にTG蘇生できる誘発効果を持つ。

 シンクロ素材として3体ものシンクロモンスターを要するため、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》らと並び最もシンクロ召喚が困難なカードと言える。
 主なシンクロ召喚手順については《シューティング・クェーサー・ドラゴン》を参照。

 (1)は、毎ターンノーコスト《昇天の角笛》使用できる効果
 しかし、《神の警告》等と異なり発動したカードの効果による特殊召喚無効にできない。
 また、1ターンに1度効果であり、特殊召喚を多用するデッキ相手にする場合は完全な抑止力にはならない。

 (2)は、自身が墓地へ送られた時にTG蘇生する効果
 自身が除去されても自軍のモンスターを絶やさないので、追撃を回避しやすくなる。
 ただし、バウンス除外による除去では発動できず、チェーン2以降の除去タイミングを逃す事もある。

 問題は、同じシンクロ素材で出せる《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《聖こう神竜 スターダスト・シフル》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》の存在である。
 中でも《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》は、モンスターの召喚を含む3つの無効効果を備えているため、ほぼ上位互換と言えるカードである。
 フィールドを空けずに召喚行為を無効にできるのはこのカードならではの利点ではあるのだが、汎用性を犠牲にするほどのメリットとも言い難い。
 種族属性の違いやTGカテゴリに含まれる点などを活かす構築でない限り、このカードを優先するのは難しいと言えるだろう。

  • シンクロ召喚時の口上は「リミッター解放、レベルマックス!レギュレーターオープン・オールクリアー!無限の力よ!時空を突き破り、未知なる世界を開け!GO!デルタアクセル!カモン!《TG ハルバード・キャノン》!」。
  • アニメでのカード名は《TG ハルバード・キャノン MAXXX-∞》だった。
    コードナンバーは「MACHINE」+「XXX」であるが、「MAX」と読むこともできる。
  • 通常の攻撃は名前どおりハルバードとキャノンを複合した武器を変形させて照準を合わせ狙撃しているが、効果破壊時は胸からのビームを放っている。
    フィールドを離れさせない効果の際には、1度除外された相手と同じ空間に入り込み、引きずり出す演出がなされた。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    デルタアクセルシンクロ・効果モンスター
    星12/地属性/機械族/攻4000/守4000
    シンクロチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、
    モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にして破壊することができる。
    この効果はこのカードのシンクロ召喚の素材としたモンスターの数だけ行うことができる。
    このカードがフィールドを離れた時、エクストラデッキの
    「TG ブレード・ガンナー MAXX−10000」1体を自分フィールドに特殊召喚することができる。
    相手フィールド上に存在するモンスターが、カード効果によってフィールドを離れる場合
    その効果を無効にしてそのモンスターの攻撃力を800ポイントダウンさせる事ができる。
    OCG化に際し、無効化効果の回数上限が無くなった代わりに、1ターンに1度発動となった。
    また、後続もエクストラデッキ《TG ブレード・ガンナー》ではなく、墓地TGとなり、除外バウンスに対応できなくなった。
    後半の妨害効果は完全に削除されてしまっている。
    ちなみにOCGでは上述のテキストではカードの効果による特殊召喚には対応しないが、アニメではその区分が無い為、カードの効果による特殊召喚無効にしている。
    よって、無効化範囲はOCG《神の警告》とほぼ同等のものと言えよう。

関連カード

―同じシンクロ素材を持つシンクロモンスター

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)は誘発即時効果、(2)は誘発効果となります。(13/06/18)

Q:ダメージステップ時に墓地へ送られた場合、(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/02/11)

Q:このカード裏側表示の状態で墓地へ送られた場合、(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/05/24)

Q:《トラゴエディア》のようなチェーンブロックを作る特殊召喚に対して、(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/02/15)

Q:(1)の効果処理時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しない時に、効果適用されますか?
A:いいえ、適用できません。(11/11/14)

Q:(1)の効果《天罰》を発動された場合、どのように処理しますか?
A:まず《TG ハルバード・キャノン》が《天罰》破壊されます。
  この時、(2)の効果発動する場合、召喚を成功させた後で《TG ハルバード・キャノン》の効果チェーンブロックが発生します。(12/02/29)


Tag: 《TG ハルバード・キャノン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星12 地属性 機械族 攻4000 守4000 TG 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告