《えん魔竜(まりゅう) レッド・デーモン・ベリアル/Hot Red Dragon Archfiend Bane》

 ※「えん」は機種依存文字のためひらがなで代用しています。正しくは玉偏に炎。

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
自分の墓地の「レッド・デーモン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分のデッキ及び墓地からレベルが同じチューナーをそれぞれ1体ずつ選んで守備表示で特殊召喚する。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 レッド・デーモン蘇生する起動効果戦闘ダメージを与えた時にレベルが同じチューナー蘇生リクルートする誘発効果を持つ。

 《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》と同様のシンクロ素材制限を持つため、シンクロ召喚の難易度は高い。
 効果も考えると、可能な限りレッド・デーモンシンクロ素材にしておきたい。

 (1)の効果は、自分モンスターリリースして、レッド・デーモン蘇生する効果
 シンクロ素材にしたレッド・デーモンを即座に呼び戻す事で、フィールドに大型モンスターを並べられる。
 《幻獣機オライオン》《ジャンク・シンクロン》シンクロ召喚の準備と平行してリリース要員を確保したり、《クリエイト・リゾネーター》等の特殊召喚しやすいモンスターを併用して、効率良く使えるようにしたい。
 《スカーレッド・カーペット》も相性がよく、レッド・デーモンが存在する時に使用すればこのカードシンクロ素材リリースコストを調達できる。
 このカードレッド・デーモンなので同名カード蘇生ランク10のエクシーズモンスターにつなぐのも手である。
 《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》自身をリリースすることもできる。
 他のモンスターがいない場合などに《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》を出したい場合などに使うことになるか。
 また、墓地レッド・デーモンが存在する場合、自身をリリースして自身を蘇生させることで、エクストラモンスターゾーンからメインモンスターゾーンへ移動することもできる。

 (2)の効果は、レベルが同じチューナー蘇生リクルートする効果
 守備表示で固定されているため即座に攻撃できないが、同じレベルモンスターを2体同時に特殊召喚できるので、そのままエクシーズ召喚に繋げられる。
 また、《幻影王 ハイド・ライド》を含めておけば、シンクロ召喚との使い分けも可能な他、いざという時には(1)のリリース要員にも回せる。
 蘇生したレッド・デーモンと合わせて、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》等へ繋げるのも有効である。
 2体で直接攻撃を叩き込み効果レベル2以下のチューナー特殊召喚し、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》に繋げれば1ターンキルが出来る。

 ただ、効果の性質上デッキエクストラデッキを圧迫しやすいことが難点となる。
 また、耐性も一切ないので、《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》と比べると場持ちが悪く、それを前提とした専用構築となるだろう。
 大量展開の中で同名カード墓地に落としやすい【インフェルニティ】【ラヴァル】であれば使いやすいか。
 前者は闇属性ドラゴン族シンクロモンスターが出しやすく、後者は《炎熱伝導場》《真炎の爆発》モンスター1体が手札にあれば上記の方法で1ターンキルに持ち込める。
 更に手札炎属性モンスターがあり《幻影王 ハイド・ライド》デッキに入れていれば《ラヴァルのマグマ砲兵》《BF−星影のノートゥング》を絡め、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》を使わずとも1ターンキルを成立させられる。

  • シンクロ召喚時の口上は「泰山鳴動!!山を裂き地の炎と共にその身を曝せ!!《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》!!」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻3500 守3000 レッド・デーモン デーモン

広告