《おジャマ・エンペラー》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/獣族/攻   0
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「おジャマ」モンスターを含む獣族モンスター3体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドゾーンに「おジャマ・カントリー」が存在する場合、
このカードは攻撃力が3000アップし、効果では破壊されない。
(2):このカードへの攻撃で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
(3):リンクモンスター以外の自分の墓地の「おジャマ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果を発動したターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 PREMIUM PACK 2019で登場した光属性獣族リンクモンスター
 特定条件下で自己強化及び効果破壊耐性を得る永続効果、自身に対する攻撃で発生する戦闘ダメージ相手が受ける永続効果リンクモンスター以外のおジャマ蘇生する起動効果を持つ。

 リンク素材おジャマを含めた獣族3体とやや指定が細かい。
 ただ、おジャマ自体はサポートカードが豊富な低ステータスなので【おジャマ】においてリンク素材を揃えること自体は難しくない。
 (1)の条件となる《おジャマ・カントリー》おジャマ蘇生効果を持つのでリンク素材を揃えるサポートにもなる。
 《魔獣の懐柔》《おジャマ・レッド》《おジャマ・ブルー》を含む3体をリクルートすれば即座にリンク召喚可能。
 《トライワイトゾーン》も、おジャマ通常モンスター含む3体を蘇生すれば1枚でリンク素材が揃う。
 【獣族】であれば《簡易融合》《おジャマ・ナイト》を採用することでリンク召喚でき、さらに(3)の蘇生効果に繋げることもできる。

 (1)は《おジャマ・カントリー》が存在する場合に3000の自己強化効果破壊耐性を得る効果
 高い打点と耐性により場持ちは良くなるが、肝心の《おジャマ・カントリー》には特に耐性が無いのが弱点。
 (2)の効果このカードへの攻撃を条件とするため、このカードから攻撃すると戦闘ダメージは反射できない。
 このカード攻撃時に相手《サイクロン》等で《おジャマ・カントリー》除去されては攻撃力0での自爆特攻になってしまう。
 攻撃は無理に行わず、直接攻撃できるタイミングなどを狙うといいか。

 (2)は自身への攻撃で発生する戦闘ダメージを代わりに相手に与える効果
 基本的には《おジャマ・カントリー》が無い場合に相手攻撃を牽制できる効果となる。
 ただし、戦闘破壊自体はされてしまうため、適当な弱小モンスターに狙われて大して戦闘ダメージを与える事ができないという事も起こり得る。
 逆にそれを狙って《メタバース》《おジャマ・カントリー》発動してコンバットトリックを狙うのも1つの手。

 (3)はリンクモンスター以外のおジャマ蘇生する効果
 発動後はエクストラデッキから融合モンスターしか特殊召喚できなくなるので連続リンク召喚に繋げる事はできない。
 蘇生したモンスター効果表示形式は自由なので活用法自体は豊富であり、《おジャマ・カントリー》があればこのカード共々アタッカーも務められる。
 融合素材を揃える役割で使用しても良いだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《おジャマ・エンペラー》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 光属性 獣族 攻0 おジャマ

広告