《もの(わす)れ/Memory Loss》

通常罠
相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する
モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動した効果を無効にし、そのモンスターを表側守備表示にする。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した通常罠
 相手表側攻撃表示モンスター効果無効化と表示形式の変更効果を持つ。

 悪くない効果ではあるのだが、モンスター効果攻撃を止めたいならフリーチェーン《デモンズ・チェーン》の方が汎用性が高い。
 通常罠によるモンスター効果メタと考えても《ブレイクスルー・スキル》が優先される。
 《デモンズ・チェーン》《ブレイクスルー・スキル》と比べ永続効果無効にできず、《裁きの龍》のような1ターンに複数回効果発動できるモンスターには対応できない。
 こちらが勝る点は守備表示にできることであり、モンスター守備表示にする点が重要となるデッキ、例えば【スパイダー】等では選択肢に上がる。
 守備力が低く、効果発動タイミングも召喚時1回きりなので、【帝コントロール】へのメタであれば《ブレイクスルー・スキル》《デモンズ・チェーン》より有用か。

  • 上記のカードに比べ安価で手に入るため、それらを持ってない場合にこちらで代用するという手段もある。
    もちろん、使い勝手は違うのだが。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬&ギラグvs小鳥&キャッシー」戦において、遊馬がセットしたこのカードをギラグが使用した。
    ギラグは遊馬と凌牙を倒すため、遊馬にわざと負けるように指示していたが、いなくなった凌牙の代わりに自分がデュエルをすることになり、負けるわけにはいかなくなってしまった。
    そのため、ギラグは《マジック・ハンド》効果発動したのだが、負けるつもりの遊馬はギラグにこのカードチェーン発動するように指示した。
    遊馬の意図に気づかなかったギラグは指示通りに発動し、その効果無効にしてしまった。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果発動した相手モンスター対象に取りますか?
A:このカード効果対象を取りません。(13/02/17)

Q:効果解決時モンスター表側守備表示になっている場合でも無効化されますか?
A:はい、無効化されます。(13/02/17)

Q:《ならず者傭兵部隊》効果に対しこのカード発動できますか?
A:いいえ、このカード発動する時点で効果発動したモンスターフィールドに居ない場合、このカード発動する事自体ができません。(13/02/20)

Q:このカードの発動チェーンして同じモンスター《禁じられた聖杯》発動した場合、効果解決時表側守備表示にする処理を行いますか?
A:いいえ、行いません。(13/04/01)


Tag: 《もの忘れ》 通常罠

広告