《アイルの小剣士(しょうけんし)/The Little Swordsman of Aile》

効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 800/守1300
自分のフィールド上に存在するこのカードを除くモンスター1体を
生け贄に捧げる度に、このカードの攻撃力はターン終了時まで
700ポイントアップする。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 BOOSTER7で登場した水属性戦士族下級モンスター
 自分フィールドモンスター1体をリリースする度に、攻撃力を700ポイント自己強化する起動効果を持つ。

 元々の攻撃力が低く、自己強化の上昇値もモンスター1体と引き換えに《突進》1枚分では割に合わない。
 《ボルト・ヘッジホッグ》《王宮の鉄壁》チューナーなどの方法で使い減りしないリリースを確保できれば、無限に攻撃力を上げて1ターンキルが可能である。
 ただし、《キャノン・ソルジャー》ならば同様の方法で攻撃宣言する事なく1ターンキルできるので、ネタデッキの域は出ない。

  • コナミのゲーム作品において―
    OCGより前に登場したDM1・2では《アイルの小人剣士(こびとけんし)》というカード名であった。
    近年「小人」という言葉は低身長症への差別用語にあたるとして使用を自粛する傾向にあり、その一環としてカード名が変更されたと見られる。
    ただし、OCGにおいても《物陰の協力者》テキストには「小人」という言葉が使用されている他、近年では《小人のいたずら》というカードまで登場している。
    これらの非OCGルールのゲームでは通常モンスターであり、DM1・2のテキストには「旅人アイルに付き従う小人 トカゲにまたがり 戦う戦士」と書かれていた。
    また、カード名が変更されたDM3以降のシリーズでは「旅人アイルに付き従う小さな戦士 トカゲにまたがり戦う」と書き換えられていた。
    これにより「アイル」とは地名などではなく人の名前であることが分かるが、そのアイル本人は今なおOCGには姿を見せていない。
  • WCS2011ではライディングデュエリストとして登場。
    デッキ名は「アイルビーバック」。

関連カード

―「リリースによって自己強化する」効果を持つモンスター

収録パック等


Tag: 《アイルの小剣士》 モンスター 効果モンスター 星3 水属性 戦士族 攻800 守1300

広告