《アリジバク》

リバース・効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
お互いのプレイヤーは1000ダメージを受ける。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
相手に1000ダメージを与える。

 CIRCUIT BREAKで登場した地属性昆虫族下級リバースモンスター
 リバースした場合にお互いダメージ破壊された場合は相手ダメージを与える誘発効果を持つ。

 リバースした場合はお互いに、破壊され墓地へ送られた場合は相手にのみ発生するバーン効果を持つ。
 セットされた後に戦闘破壊されれば2つの効果は同時に発動するため、相手には合計2000のダメージを与えることができる。
 1枚のカードで与えられるバーンダメージとしては破格であり、何度もサルベージ蘇生してセットすれば無視できない効果ダメージとなる。
 しかし、これを狙おうとすると一旦セットした後にリバースさせる必要があるためやや遅い。
 どのような状況でも発動でき、相手だけにダメージを与えられる(2)の効果をメインに、(1)の効果は狙える時だけ狙っていく程度でも十分。
 自分カードの効果での破壊や、送りつけからの戦闘破壊でも発動するため、《強制転移》《硫酸のたまった落とし穴》コンボするのもいい。

 《共鳴虫》《ナチュルの神星樹》《応戦するG》といったサポートに対応するステータスだが、昆虫族にはバーン効果を持ったモンスターは少ない。
 ダメージ自体は小さくない数値であり、バーンカードとのシナジーなどを考えず、このカードを採用する場合はビートダウンバーン双方で攻めるタイプにするといいだろう。
 破壊された時に発動する効果なので、【昆虫族】でよく採用される《大樹海》との相性はよく、同名カードサーチして繰り返し効果ダメージも狙える。

 バーンデッキ火力としてはかなり高めなので、それらのデッキにも採用できる。
 1枚で2回の効果ダメージを与えるため、《悪夢の拷問部屋》との相性がよい。
 しかし地属性であるため《火霊術−「紅」》《プロミネンス・ドラゴン》など、炎属性のサポートを多めに利用するデッキとはシナジーせず、効果発動タイミングがリバースした時・被破壊時ゆえ【フルバーン】では速効性に欠ける。
 【ビートバーン】か、【フルバーン】での要員として扱うのが手軽に使いやすいところか。

  • 「蟻+爆弾」といったデザインのモンスターであり、今にも「自爆」しそうである。
    「アリジバク」は「蟻地獄(アリジゴク)」と掛けているのだろう。
    ちなみに自爆するアリは実在し、「ジバクアリ」または「バクダンオオアリ」と呼ばれている。
    危機を感じると腹筋を収縮して爆発し、刺激臭を放つ粘性の液体を浴びせかける。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アリジバク》 モンスター 効果モンスター リバースモンスター 星3 地属性 昆虫族 攻1500 守1000

広告