《アルカナフォース(ゼロ)THE FOOL(ザ・フール)/Arcana Force 0 - The Fool》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻   0/守   0
このカードは戦闘では破壊されず、
表示形式を守備表示に変更できない。
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を得る。
●表:このカードを対象にする自分のカードの効果を無効にし破壊する。
●裏:このカードを対象にする相手のカードの効果を無効にし破壊する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性天使族下級モンスター
 戦闘破壊されず、権利による守備表示への変更を封じる永続効果コイントスを行う誘発効果コイントスの結果によって得られる2つの永続効果を持つ。

 戦闘破壊耐性を持つモンスターの1体。
 このカードの場合は、表示形式を変更できないデメリット効果コイントスによって自分または相手への耐性を付与する効果を持つ。
 しかし戦闘破壊耐性を持つモンスターセットする場合が多いので、これらの効果デュエルに影響しない場合が多い。
 表示形式を変更できないデメリットは、攻撃表示にされるとサンドバッグにされてしまうが、それよりは効果除去されてしまう場合が多いだろう。
 このデメリットを利用し、相手送りつけてこちらがサンドバッグにすることも一応可能だが手間の割に得られるものが少ない。
 純粋に戦闘破壊耐性を持つモンスターとして種族属性が同じ《マシュマロン》《ジェルエンデュオ》と比較し採用を検討すると良いだろう。
 アルカナフォースの名を持つので、【アルカナフォース】では優先的に採用できる。
 レベル1なので、《コート・オブ・ジャスティス》発動条件を満たすことにも使える。

 なお、このカード特殊召喚する場合はコイントスによる耐性効果も意味を持ってくる。
 裏の効果を得る事ができれば、戦闘破壊耐性も相俟って除去は困難になる。
 運任せであり、対象をとらない効果は効くので絶対安心という訳ではないが、時間稼ぎを期待できる。

 表の効果は扱いにくいが、他の多くのアルカナフォースと異なりディスアドバンテージに繋がらず、戦闘破壊耐性を失わないのでそれほど大きなデメリットではない。
 自分フィールド上のモンスター対象とする効果を持つカードの多くは強化などであり、攻撃力0のこのカードに使う利点は薄い。
 また、《リミット・リバース》《奇跡の光臨》特殊召喚した際に表が出た場合は、完全蘇生になることからメリットとなる。
 ただし、攻撃表示になったこのカード《月の書》守備表示に戻したり、《禁じられた聖槍》魔法・罠カードによる除去から守ったりすることは不可能になる。

 天使族であるため、《コーリング・ノヴァ》《アテナ》から表側守備表示リクルート及び蘇生する事もできる。
 コイントスにより裏の効果を得られれば、【アルカナフォース】だけで無く【天使族】でもとして機能しやすい。
 表の効果を得た場合でも《アテナ》起動効果コストであるため墓地へ送る事は可能である。

 アルカナフォースでは数少ない、裏の効果メリットとなるモンスターなのも特徴である。
 《アルカナコール》除外カードとして選ぶことで、他のアルカナフォースで裏を出した際のデメリット効果カードの効果無効にする耐性に上書きできる。
 1ターン限りのデメリット回避なのでさほど有用とは言えないが、裏の効果を得たアルカナフォース除去などを受ける際《アルカナコール》チェーンして無効化できることは覚えておきたい。
 除外したこのカード《奇跡の光臨》として再利用すれば、再度このコンボを実行できる。
 さらに、この特殊召喚で表の効果を得た場合は完全蘇生となる。

  • アルカナフォースのナンバーは基本的にローマ数字で表されているが、ローマ数字に0はないためこのカードのみアラビア数字表記である。
  • 数字の表記だけでなく、ステータスもこのカードは例外的に「100×自身のカード名の数字+1000」の値になっていない。
  • 「THE FOOL(愚者)」はタロットにおける大アルカナの中でも番号を持たない特殊なカード(しかし便宜上0番か22番に配置されることが多い)。
    正位置は「無邪気」「純粋」「天真爛漫」「自由」を表し、逆位置は「無節操」「逃避」「愚考」を表す。
    タロットの図柄は「愚者が旅した世界を描いたものである」とも言われている。
  • 放送回の「今日の最強カード」のコーナーにも登場。
    十代に「最強…っていうか最悪だ!」と言われてしまった。

関連カード

戦闘破壊されないモンスター破壊されないを参照。

―《アルカナフォース0−THE FOOL》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:表の効果・裏の効果効果種別は何ですか?
A:永続効果です。(08/02/23)

Q:表側攻撃表示のこのカードカードの効果守備表示に変更することは可能ですか?
A:はい、可能です。(08/02/23)

Q:このカード通常召喚及び特殊召喚時に、セット及び守備表示特殊召喚を選択することができますか?
A:はい、守備表示特殊召喚したり、通常召喚の時にセットを行うことは可能です。(08/02/23)

Q:このカードが、表側守備表示での召喚・特殊召喚に成功した場合に、攻撃表示になりますか?
A:いいえ、なりません。(08/02/23)

Q:このカードが、リバースして表側守備表示になった場合、攻撃表示になりますか?
A:いいえ、なりません。(08/02/23)

Q:自分《暗遷士 カンゴルゴーム》相手《サンダー・ブレイク》対象になった際効果発動し、裏の効果を得た自分の《アルカナフォース0−THE FOOL》に対象を変更しようとしました。
  どのような処理になりますか?
A:まず、自分カードであるため、《アルカナフォース0−THE FOOL》を対象とする《暗遷士 カンゴルゴーム》効果は有効でありこのカード対象が変更となります。
  そして相手《サンダー・ブレイク》効果は《アルカナフォース0−THE FOOL》の裏の永続効果によって無効となり《サンダー・ブレイク》破壊されます。(14/02/16)


Tag: 《アルカナフォース0−THE FOOL》 モンスター 星1 光属性 天使族 効果モンスター 攻0 守0 アルカナフォース

広告