《アルカナフォースEX(エクストラ)THE LIGHT RULER(ザ・ライト・ルーラー)/Arcana Force EX - The Light Ruler》

効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在するモンスター3体を
墓地へ送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、コイントスを1回行い以下の効果を得る。
●表:相手モンスターを戦闘によって破壊し墓地へ送った時、
自分の墓地からカード1枚を選択して手札に加える事ができる。
●裏:このカードを対象にする効果モンスターの効果・魔法・罠カードの
発動を無効にし破壊する。
この効果でカードの発動を無効にする度に、
このカードの攻撃力は1000ポイントダウンする。

 LIMITED EDITION 10 CHAOS BLACKで登場した光属性天使族特殊召喚モンスター
 アルカナフォースの名を持ち、コイントスによって得る2つの効果を持つ。

 《D−HERO Bloo−D》などは手順としてリリースするのに対し、このカードは手順として墓地へ送る
 リリースできない《召喚僧サモンプリースト》《レベル・スティーラー》《精神操作》で奪ったモンスターなどをコストとして利用できるのが、コストとしてリリースする場合との大きな違い。
 ただし、墓地へ送る必要があるためモンスタートークンペンデュラムモンスターを利用する事ができない。

 どのように用意するにせよ、3体のモンスター墓地へ送るのは決して安くない。
 《創造の代行者 ヴィーナス》などの一度に複数のコストを用意できるカード《ネクロ・ガードナー》など墓地に行くことで効果を発揮するカード《終末の騎士》《ジャンク・シンクロン》など召喚成功時に仕事を終えるカードなどと組み合わせ、節制に努めたい。

 モンスターリリースするわけではないので、《生贄封じの仮面》《霧の王》適用下でも特殊召喚する事ができる。
 しかし《マクロコスモス》《閃光の追放者》等の適用下では、墓地へ送る事が不可能なため特殊召喚する事ができない。
 また自身の効果特殊召喚した《ゾンビキャリア》《ボルト・ヘッジホッグ》などは墓地へ送られずにゲームから除外されるため、このカード特殊召喚するために墓地へ送る事はできない。

 コイントスによって効果を得るのは特殊召喚時の誘発効果で、効果解決時コイントスを行い効果を得る。
 効果は非常に運の要素が強いものの、どちらも優秀。

 表の効果は、相手モンスター戦闘破壊墓地へ送る度に、いかなるカードサルベージできる能力。
 モンスター魔法・罠カードの種類に指定はなく、現在必要であるカードをピンポイントで回収ができる。
 《オネスト》を何度も使い回すだけでも極めて強力であり、4000の攻撃力を考えれば2ターン連続で《オネスト》を併用して攻撃表示モンスターを倒すだけで勝利できる。
 ただしリバース効果モンスター戦闘破壊した場合、リバース効果除去されればこの効果発動できない。
 そのため、高攻撃力を活かして攻撃表示モンスターを狙いたい。
 性質上後半になればなるほど強力な効果であるが、逆に序盤で表が出てしまうと、選択肢が狭まることもありがち。
 最低でもコストとしたカードの損失は取り返したい。

 裏の効果は、対象をとる効果無効化する能力。
 そこそこの耐性にはなるものの、当然対象をとらない効果には無力。
 対象をとる効果であっても、《強制脱出装置》《サンダー・ブレイク》等のフリーチェーン特殊召喚時コイントスの時点で発動されることは必至である。
 また、2、3度使用すればそのデメリットからアタッカーではいられなくなるため、その後には高守備力程度にしかならないのも難点。

 どちらの効果も直接的にアドバンテージを稼ぐには時間が掛かってしまうため、ある程度このカードを守る必要がある点には注意したい。
 《アルカナフォースEX−THE DARK RULER》とは違って自爆要素はないので、サポートの面では安定していると言える。

  • 胴体から2本の竜の首が生えており、天使族というよりはドラゴン族に見える姿をしている。
    ただし、アニメではドラゴンの部分は攻撃時のみ生えてきて光線を吐くため、本体はドラゴンの首が生えている部分の根本にある、一つ目の顔の模様。
  • このカード召喚に使用された《ザ・マテリアル・ロード》・《ザ・スピリチアル・ロード》・《ザ・ヘブンズ・ロード》の元ネタは『梵天の塔』(『ハノイの塔』とも呼ばれる)だと思われる。
    『梵天の塔』とは以下の通り。
    世界が生まれた時に神が真鍮の板の上に3本のダイヤモンドの柱を立て、1本の柱に64枚の純金の円盤を重ねた。
    この円盤は大きいサイズから小さいサイズに重ねられており、すべての円盤を他の柱に移し替えるというものである。
    この円盤を移動させるには以下の3つの「ルール」がある。
    1. 円板を動かすのは1度に1個。
    2. 小さな円板の上に大きな円板をのせてはいけない。
    3. 円板の移動には、他に1本の補助柱を使う事ができる。
    この円盤を移し終わったとき、世界は滅びると言われている。
    1秒間に1回動かしたとして、だいたい5800億年ほどかかる計算である。
    3本の柱を生け贄に世界を滅ぼすモンスター召喚すると作中では語られていることから、この『梵天の塔』が元なのだろう。
  • アニメでのイラストOCGと多少異なり、白い光が大きく描かれている。
  • 「十代vs斎王」(2戦目)にて、斎王が使用した通常罠《絶対運命決定力》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《光と闇の竜》のように、攻撃力が1000ポイント未満になったら「裏」の効果不発になりますか?
A:はい。効果発動しますが、適用はされません。(11/06/20)

Q:《光と闇の竜》のように、《あまのじゃくの呪い》効果適用中は「裏」の効果を1ターンに1度しか発動できなくなりますか?
A:いいえ、複数回発動する事ができます。(11/06/20)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用中に「裏」の効果を持っているこのカードを対象に墓地《レベル・スティーラー》効果発動した場合、無効にする効果発動しますか?また発動した場合攻撃力の増減処理はどうなりますか?
墓地《レベル・スティーラー》効果発動し続けることで、《あまのじゃくの呪い》の効果によってこのカードの攻撃力は無限に上がり続けますか?)
A:はい、無効にする効果発動し、《レベル・スティーラー》効果無効になります。
また、攻撃力は1000ポイントアップします。
ルールで定められた時間以内であれば何度でも効果を使用可能です。(11/07/04)

Q:同一チェーン上で「裏」の効果は複数回発動しますか?
A:はい、複数回発動します。(07/09/02)

Q:ダメージステップで「裏」の効果発動しますか?
A:はい、発動します。(08/01/12)

Q:モンスタートークン墓地に送り特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(09/11/03)

Q:「●裏:」の効果強制効果ですか?
A:はい、強制効果です。(13/05/19)

広告