《アルティメット・バースト/Neutron Blast》

通常魔法
(1):自分フィールドの融合召喚した「青眼の究極竜」1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。
そのモンスターが攻撃する場合、
ダメージステップ終了時まで相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 デュエリストパック−王の記憶編−で登場した通常魔法
 《青眼の究極竜》3回攻撃相手効果の発動を封じる効果を付与する効果を持つ。

 《青眼の究極竜》連続攻撃能力を付与し、攻撃中は相手の妨害を許さない。
 トップクラスのステータスを活かすことができ、2回の直接攻撃ができれば1ターンキルが成立する。
 しかし、重い融合モンスターである《青眼の究極竜》の専用サポートカードであり、特化構築でも腐る可能性は高い。
 また、発動できたとしても攻撃を通す前に除去を受けては元も子もないため、伏せカード等への対策も必要となる。

 なお、同じ融合素材で出せる《真青眼の究極竜》は、発動条件コストはあるものの、同等の連続攻撃効果を有する。
 このカードにはサーチ手段がなく事故要因になりやすいことを考えれば、《真青眼の究極竜》の方が扱いやすい。
 また、ブルーアイズモンスター全般に連続攻撃能力を付与できる《光の導き》も存在する。
 デメリットはあるが、正規の融合召喚後に墓地へ送られた《青眼の究極竜》蘇生することで、連続攻撃が可能である。
 採用を検討する際は、これらと比較した上で決めるといいだろう。

関連カード

効果関連

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《アルティメット・バースト》 魔法 通常魔法

広告