《アンクリボー》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードを手札から捨て、
このカード以外の自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。

 Vジャンプ(2019年4月号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 相手モンスター攻撃宣言時に手札から捨てる事で自分相手墓地からモンスター1体を蘇生する誘発効果、自身が破壊されたターンエンドフェイズ《死者蘇生》1枚をサーチサルベージできる誘発効果を持つ。

 (1)は相手攻撃宣言時にモンスター蘇生する効果
 蘇生するモンスターに制限はなく、相手墓地からも選べるため柔軟な対応ができる。
 ただし、相手攻撃宣言時に蘇生するため、守る手段がない限りは、その攻撃をしのげるモンスターが優先される。
 戦闘破壊されないものや、攻撃モンスター除去できるものを使うことになる。
 防御手段があったとしてもエンドフェイズ自壊してしまうため、できる限り特殊召喚に成功した場合に発動するものや、墓地へ送られた場合に発動するモンスターを選んでアドバンテージを稼いでおきたい。

 (2)は破壊され墓地へ送られたターンエンドフェイズ《死者蘇生》手札加える効果
 《死者蘇生》自体は汎用性が高くいつ引いても嬉しいカードであり、サーチサルベージの双方が可能なので、腐りにくい。
 だが、制限カードと言う事もあり、除外されてしまう可能性には注意しておきたい。
 《激流葬》などで相手モンスター除去しつつこのカード破壊できればなお良いだろう。

 【クリボー】では《クリボーン》と相性がよく、このカード蘇生した自分モンスター破壊された場合あちらの(1)の効果蘇生でき、あちらの(2)の効果でこのカード蘇生すればこちらの(2)の効果発動を狙える。

  • 原作者の高橋和希氏によってデザインされたカードである。

関連カード

―《アンクリボー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アンクリボー》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻300 守200 クリボー

広告