《イビリチュア・ガストクラーケ/Evigishki Gustkraken》

儀式・効果モンスター(制限カード)
星6/水属性/水族/攻2400/守1000
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
このカードが儀式召喚に成功した時、
相手の手札をランダムに2枚まで確認し、
その中から1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 DUEL TERMINAL −エクシーズ始動!!−で登場した水属性水族儀式モンスター
 儀式召喚に成功した時に、ランダムピーピング手札破壊を行う誘発効果を持つ。

 ハンデスピーピングを兼ねる効果を持っており、しかも再利用の難しいデッキ戻す効果である。
 同じランダムハンデスでも、《炎帝テスタロス》等と異なり2枚の中から選択できるため、ある程度狙ったカードハンデスできる。
 残り1枚のピーピングもその後の展開を読む上で重要な情報アドバンテージとなる。

 【リチュア】の豊富なサーチ能力により、先攻ターン目からにハンデスを狙えるのは優秀。
 《サルベージ》との相性も良く、《リチュア・ビースト》《シャドウ・リチュア》サルベージすればそこからこのカード儀式召喚できる。
 《リチュア・ビースト》《リチュア・アビス》蘇生してこのカードサーチし、《シャドウ・リチュア》《リチュアの儀水鏡》サーチすれば、リリース要員と儀式モンスター儀式魔法が全て揃う。

 相手の戦略を妨害しやすい優秀なモンスターであり、【6軸リチュア】では最も多用される儀式モンスターである。
 ただ、フィールド上のカードにはなんら干渉できないため、「既にフィールド上にあるやっかいなカード」の除去ができない。
 《水霊術−「葵」》《マインドクラッシュ》等も絡め、相手が行動を起こす前に手札の時点で潰すプレイングを心がけたい。
 このカード儀式召喚成功時以降は何の効果もないので、除去効果を持つシンクロモンスターシンクロ素材にしても良い。

  • 「ガスト(Gast)」は古英語で魂や精神を意味する語であり、英語「ゴースト」の語源である。
    「クラーケ(Krake)」はドイツ語でクラーケンの単数形である。
    タコを意味する言葉でもあるが、イラストではイカ類の特徴である触腕が見られるため、怪物的なニュアンスでのネーミングだと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのポリゴンでは《リチュア・エミリア》と合体しているのがはっきりと確認できる。
    OCGとポリゴンでは表情が異なり、また髪型がツインテールである事がよく分かるようになっている。
    第11弾では、ゲームオーバーの画面に登場していた。
    また、イベントモードではカーリーなのさが【リチュア】で使用。
    儀式召喚時には「儀式のメイクは整ったのさ!《イビリチュア・ガストクラーケ》!」という専用ボイスが存在する。

関連カード

―《イビリチュア・ガストクラーケ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告